ゆうちょ銀行に翻弄された。

いや、もうね

ゆうちょ銀行とのやり取りで、ヘトヘトでございます。

といいますのも、我が家はただいま義母の相続の手続き一色。

手続きをしているのは三人姉弟、末っ子長男の夫・・・その妻のワタクシは、部外者でありながらアシスト役。

いろいろ金融機関を回って、司法書士さんと打ち合わせをし、手続きの準備をしているのですが

【ゆうちょ】がね・・・

スポンサーリンク



 
受付窓口が適当なコトを平気で言う・・・というか今となってはウソを言っていたということになるのですが

第一ハードルの相続手続きの為の書類すら請求出来ず、ゆうちょのHPに書かれているコトとあまりに違うコトを窓口のヒトが言うし

時間だけがいたずらに過ぎていくので

ワタクシ、思い余ってゆうちょのコールセンターに電話をかけました。

そこで、コールセンターの方は明快に分かりやすく、正しいコトを教えてくれ、コトの経緯をザット説明すると、当の本人ではないのに謝ってくれ、その方は責任感バリバリで

自分の名前を出してもいいので、窓口でコールセンターの案内したコトを主張してください

とおっしゃってくれて

でも、もし御気分がお悪ければ、別のゆうちょの窓口に行ってださい、言うので

別のゆうちょ窓口に行くと、コールセンターの方のいう通り、相続書類の請求が速攻出来

めでたしめでたし

ではなく、気がすまないワタクシは、最初の適当なコトを言うゆうちょの窓口のヒトにお電話をいたしました。

こういった会話は間違いなく録音されていると分かりつつ、気が付けばワタクシ、怒鳴っておりました。

あなたもお仕事なら、ちゃんとしてください!

相続って遺族はホント大変なんです!

お客さんの為にお仕事してください!

申し訳ございませんでした・・・と言われても

落ち込みます。

なんで夫じゃなくて、ワタクシなんだろ、怒鳴ってるの。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事