お洗濯の仕方改革。

節約の為、お洗濯には【お風呂の残り湯】を

お洗濯物をふっくら、そしてイイ香りに仕上げる為には【柔軟剤】を

これ、ワタクシの鉄板でしたけど

【お風呂のお湯取りポンプ】と【柔軟剤】・・・

捨てました。

スポンサーリンク



今年の1月に洗濯機を新調したのを機に、お風呂の残り湯をお洗濯に使うコトを卒業しましてね

でも新しい洗濯機に付いてきた【お風呂のお湯取りポンプ】をいきなり捨てちゃう勇気は持てなかったので

使わないまま、とりあえず脱衣室の物入れに放り込んでおきました。

そして、お洗濯の最初から最後までキレイなお水を使い通す、というなんとも贅沢なコトを続けた結果

お洗濯物に微妙な悪臭が残らなくなり

さらに乾燥機能の高温効果で、お洗濯物がフワッフワに仕上がっちゃう。

じゃ柔軟剤もいらなくない?と思い

1か月間ほど、柔軟剤なしの試験期間を経ましたが、問題なし。

オマケに洗濯機事態、節電、節水してくれますからね~

お洗濯にかかる経費が確実に減りました。よかったですぅ。

ただ、気持ち、タオルの生地の傷みというか薄くなるのが、ほんの少しだけ早くなったかも・・・乾燥機能がかなりな高温になりますからね~。

そこはちょっとだけ残念ですが

それを差し引いてもワタクシ的には、乾燥機能のメリットをとることにして

今後も【お風呂の残り湯】と【柔軟剤】を使わないお洗濯を実践していきます。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事