浮いた一万円の行方。

先週末、父の十七回忌法要の為

実家へ帰りました。

スポンサーリンク



御仏前を包み、お供えの果物カゴは母を通して、実家の近所の果物屋さんにお願いしておきました。

でも母はワタクシに

『いろいろお手伝いしてくれたので、果物カゴのお金はいらないわよ』と。

マジ?イイの?

とワタクシはすぐにお金を引っ込めて、好意には遠慮なく甘える。

そして、その浮いた一万円の使い道を考える間もなく

法要の帰り、園芸屋さんに寄る・・・そこで前から欲しかったお花を見つける。お値段¥5,400-。

ちょっと、イヤ、かなりお高い。

でもいつもはお花屋さんに来るのに、一万円なんて持ってくることなんてないのに、今日はお財布に果物カゴで浮いた一万円がある。

ずぅ~と探していてもなかなか見つからなかったのに、ココで出会っちゃったのも何かの縁に違いないし

ココで買わなきゃ女がスタル?

イヤ、そうでもないけど、夫の早くしてよ~という表情に背中を押され

ワタクシそのお花持って、レジへ

行きました~。

そして他に腐葉土や肥料、違うお花も数点買ったら、キレイに一万円が消えました。

こうなるコトになっていたのね~。

母と、天国の父に感謝しながら、今日も午前中はお庭作業に精を出しました。

画像を載せられないのは、たいしたことないお庭だからなんですけど

ワタクシにとっては、お庭作業は今、一番のお楽しみ。

今夜もよく眠れそうな疲労感を感じながら、やっと今日のブログを書いたというワケでした。

明日も続きの作業が待っています。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事