晴れ女を引き継いだかも。

義母は晴れ女でした。

どこかへ行く時、何かいつもと違うコトをする時

お天気はいつも晴れ。守られているヒトでした。

義母の葬儀の日はとても冷えていましたが、抜けるような快晴でしたっけ。

スポンサーリンク



 

打って変わって我が家は、お天気についていないコトが多く

夫とワタクシは、雨オトコ、雨オンナの組み合わせかな、と思うくらい、なにかにつけて雨がついて回る感じ・・・結婚前の彼氏彼女時代から。

一番悲しかったのは、新婚旅行でタヒチに行った時のコト。

8日間ずぅ~と曇り&雨で、水上コテージに宿泊したのですが、部屋のまわりの海はうねりっぱなし。それはついに最終日までつづき

なんだかなぁ~な気分で帰国しましたっけ・・・未だにくやしさが。

それが義母が亡くなってからですね

なんとな~くお天気に助けられるコトが多いな、と思うのです。

今年2月に義母が亡くなってから、義母の四十九日法要、百箇日法要はともに快晴。

月命日も読経に来てくださるお坊さんと

『いーお天気ですね~』がお決まりのご挨拶になるくらい、毎回晴れ。

義母のコト以外の用事や遊びに行く時も、天気予報が良くなくても、持ち堪えてくれたり

外での用事がおわった途端に雨とか、帰宅と同時に雨・・・なんてコトがたびたび。

今日は出掛けずのんびりしようと思っていると、晴れの予報が外れて雨が降ったり

先日の叔父の葬儀に出掛ける際は、雨予報が薄曇りで、高速を急ぎ気味に移動するのに助かりました。

この頃は晴れた日はなにも用事がなくても、義母のコトがココロに浮かびます。

お義母さん お天気たすかるよ ありがとね。

これからもよろしくお願いいたします。もうタヒチにはいけないけど・・・。。

 

スポンサーリンク



おすすめの関連記事