相続・・・揉めない為の事前対策。

体調不良から立ち直り

昨晩はステーキをガツンといただき、今日は元気いっぱいです。

が、最高気温が24℃くらいでも、ねっとりと湿った空気は、ホントイヤなものですけど

気温が40℃になろうかという地域にお住いの方に、笑われ、呆れられますね。

スポンサーリンク



さて、先週の金曜日、司法書士事務所へ行って参りました。

義母の遺産相続の件で司法書士さんとご相談だったのです。

ワタクシは部外者ですが、夫のアシスト役として同伴です。

義姉の前へは当然ワタクシ登場いたしませんが、この相続が揉めずにつつがなく終了いたしますように、夫といろいろ相談し、知恵を絞っていろいろ考えてきました。

その案をもって司法書士さんと満を持しての第一回目の相談。

司法書士んさんにどんなコトをしていただきたいかをお話し、司法書士さんの立場で出来るコト、出来ないコトを教えていただき

スリ合わせ。。。

以前、義母の自宅を売却した時にもお世話になった司法書士んさんですので、初対面ではないですし、とても気さくな方ですので

お話しも順調に進みました。

今後、義姉二人にどんなカタチでアプローチをし、どんな順序で相続を進めるか

そしてそのペースと日程的な予定もザックリ組みまして

夫もなんとか方向が見えてきたぁ~と言っておりました。

この遺産相続の一件が揉める・・・と決まったワケではもちろんございません。

で~も~義姉は『相続はまだ?』と催促してくるくらいの方達ですので

簡単にいくとはワタクシ思っておりません。

ですので司法書士んさんに相続においての手順を教えていただき、大切な部分は司法書士さんに手続きをお願いし、キッチリいこうと考えております。

正式な手続きの着手はお盆明けです。

今はその時までコマゴマやれる準備を進めています。

この相続が終わったら、全てのコトから解放されるんだ!

ワタクシそう信じております。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事