最強の収納方法。

 
めんどくさい収納方法は全般的にNG・・・これがワタクシの結論です。

 
キッチンの調味料をお揃いの容器に詰め替えたり、ラベルを貼ったり、と結婚してからいろいろやっていましたが、今はそのままで使ってます。
サランラップもサランラップって書いてるあるままですし、お醤油もお味噌もメーカーの容器・表示のまま。
 
スポンサーリンク

 
 
お料理や後片付けが終ると、ほとんどのモノをキッチン内や食器棚、冷蔵庫内に収納してしまいますので、そんなバラバラな見た目のモノたちも、ワタクシはさほど気になりません。

 
クローゼットや収納場所を開けてみると、ほとんど収納用品なしの空間で、インナーや洋服が余裕で空間あけながら並んでます。ポツン・・・ぽつんとほんの少し。
 
まだまだ入るどころか空間の方が多いですが、これ以上は入れない、買わない、欲しがらない。。。

 
キッチンもクローゼットもその他の収納場所も、詰替えしたり、入れ物や収納用品を統一すると見た目はいいですよね~かっこいいし、おぉ~って思います。ワタクシもネットや本を見てマネっこしましたから。
 
でもモノを少なくすると収納用品なんて要らなくなりますし、見た目が統一されてなくてもさほど気にならな~といつしか思うようになりました。

 
キレイに統一されてギッチリ埋まったモノたちよりも、必要最低限な量で、それぞれバラバラな見た目でもワンアクションで取り出せて、簡単に仕舞える。
 
そのほうがワタクシにはスッキリして見えますし、心地良いです。
 
見た目や、満足感を求めていろいろやると、結局自分で自分を締め付けることになり、苦しくなりますし
ワタクシ自身、もともとラクな方に流れる性分ではありますが、余計な労力や神経やお金は極力使わない・・・そんな暮らしがラクちんだな、と気が付きました。

 
まだ片付けや断捨離が途中だ・・・と度々このブログの記事に書いておりますが、これからもこんな路線で少しずつ進めていこうと考えております。

 
最強の収納方法は、と聞かれたら、それは【モノが少ないコト】と即答します。

おすすめの関連記事