レンジフードのお掃除をスイスイ済ませる、簡単なポイント。

 
最後の砦、キッチンのレンジフードの中の換気扇を、お掃除いたしました。

 
1年間の油汚れがこびり付いたここは、自然派なんて生易しい洗剤じゃとってムリ・・・ドラッグストアで選んだちょっと強めの洗剤と、ボロ布、歯ブラシ、ゴム手袋&軍手、極め付けは熱めのお湯を使って挑みました。
 
これがなかなかはかどりまして、40分ほどで終了・・・レンジフードの中も表面も、換気扇部分もキレイになりました。お陰様でおろしたての洗剤もほぼ空っぽです。
 
スポンサーリンク

 
 
今回の勝因は熱めのお湯だった思います。たぶん60℃くらいでしょうか・・・ゴム手袋必須でその中に軍手も履いちゃう重装備。

 
例年ですと、キッチンペーパーに洗剤を吹き付けて汚れをパックするのですが、今回はそれはナシで、汚れに直接洗剤を吹きかけて、ちょっとおいてから熱めのお湯に浸して軽く絞ったボロ布で拭いていくと、ドンドンよごれが取れました。
汚れの強いところは歯ブラシでこすってから、汚れをふき取りました。

 
外した部分や細かいところも、洗剤を吹きかけて、お湯をつけた歯ブラシでこすると結構スイスイいけます。最後は全体に熱めのお湯をかけて仕上げました。

 
それほど力もいらず、このくらいの時間で済むと疲労感もそれほどなく、ラクラク。

 
数回ケトルでお湯を沸かしながらの作業でしたが、この熱めのお湯ってレンジフードのお掃除の大切なポイントですね~大掃除特集のテレビでやっていたのをマネっこしてみましたが、やっぱり油汚れには熱めのお湯!絶対です。

 
皆さまはもうレンジフードのお掃除なんて、終わらせているのでしょうけど、最後までとっておいたワタクシ・・・やっと無事に終わらせることが出来ました。
 
これでもう本当に、年末の大掃除は終わり・・・やれやれです。

おすすめの関連記事