気に入ってるけど似合わない、そんな洋服の処分をスムーズに決意する方法。

 
ワタクシ、モノの少ない小さな暮らしをめざし、日々過ごしております。

 
お家の中の、気に入らなくて使わないモノは処分するのが基本ですが、気に入ってるけど使っていないモノ、気に入っているけど似合わないモノも処分の対象にし、只今強化キャンペーン中です。

 
スポンサーリンク

 
 
これって少し前の自分にはちょっと出来なかったコトなんです・・・使っていなくても、着ていなくても、気に入っているモノはとっておく・・・持っている。
 
時々引き出しやクローゼットを開けて、それが目についてニンマリ。
所有するコトで満足し、モノに振り回されている残念な人・・・それがワタクシでした。
 
モノを少なく暮らす為には、ここ直さないといけません。

 
それらのモノたちを撲滅するべく、作業を少しづつ進めております。
 
特に最近は、気に入っているけど似合わなくなってしまった洋服を、積極的に処分しています。
 
ワタクシの現在のワードローブは、かなりなスッカスカ状態ですが、ここからもうひと粘りいっちゃう覚悟で。

 
その際の効果的な方法は、実際その洋服を着てみる・・・そしてどれだけ似合わなくて恥ずかしいかを思い知るため、鏡の中の自分を凝視する・・・ちょっとヤバイでしょうか。
 
なにこれ~超恥ずかしい~!ワタクシには効果テキメンです。

 
そんな似合わなくて恥ずかしい洋服を、クローゼットにぶら下げておいても、どうしようもないんだ・・・そう自分に言い聞かせ、その洋服は脱いだら直ちに処分方法を決め、とっとと行動を起こします。
 
ここで見なかったことにして、仕舞いこんだりしては絶対にいけません。その洋服には救われませんから。

 
日々状況は変わります、自分の肉体も変化します。年齢を重ねて変化するだけではなく、ヘアスタイルをちょっと変えただけでも、似合う洋服は変わってきます。
 

モノと向き合い、自分と向き合い、モノの少ない快適な暮らしをめざしてがんばります。手元に置きたいのは、やっぱり似合っているお気に入りの洋服ですよね。

おすすめの関連記事