夫の母の入院2日目。こんな時露呈する、我が家の隠れた問題・・・けっこう恐怖編。

今日も夫の母が入院する病院へ。

その帰り、入院用品で足りないモノをお店に寄ってまた買い足し、で先程帰宅。

疲れた・・・。

それにしても

タオルケット3枚、大判バスタオル5枚、バスタオル5枚、フェイスタオル10枚ってホントにそんなにいるのかいな。。。

病院側に言われるがままに用意はしていますが、1週間の検査入院ですし、ワタクシ一応毎日顔を出すつもりしてますんで、お洗濯とか滞らせたりはしないと思うのですが・・・

まぁごちゃごちゃ考えても仕方がないので、じゃんじゃん買って、せっせと名前を付けて持って行きますけどね。

このぶんだと退院する時の荷物が、もの凄いことになるのは間違いないです。

スポンサーリンク



こういった母の入院なんて非日常的なコトが勃発すると、我が家の普段隠れている問題が、ムクムクしてきます。

それは夫の姉と、ワタクシの仲が悪いってこと。

何もなければ会うこともありませんが、こうなると夫の母を介して小姑と嫁が睨みあう・・・

長い年月の間に、いろいろなコトがあって、ふか~い溝がぼっこぼこ出来ちゃいた関係は、全くもって修復不可能。

その軋轢が狭い病室の中で、ギシギシいっちゃうんですから、その光景は気が弱いヒトが見たら、もうやめて~って叫んじゃうかもしれません。

今更どうこうしようなんて思ってもいないのですし、ワタクシもなんとも思わなくなりました。

結婚当初の5年間はワタクシも嫁として可愛らしくしておりましたが、このままじゃイカン・・・といくつかの腹立たしい出来事を経て、ワタクシ自分を貫く覚悟を決めました。

そしてその後の15年間、長男の嫁として堂々としてきました。可愛げのない嫁ですが、これで問題ないと思っています。

でも正直、仲が悪いってホント疲れますよ~。ワタクシも若くはないんですね。昔ほどのパワーは出なくなってきた感は否めません。

病室出たらちょっとクラッとしますもん。

この問題は夫の母が存命のうちは、くすぶり続けるんでしょうけれど、なんとかしようなんて気はサラサラなくて

相手がどう出てきても

何食わぬ顔・・・これがワタクシのまた憎たらしいところなんでしょうね、アハ。

今回の入院は短期間のようですので、夫の母が退院したらまた、平穏な暮らしが取り戻せるはず・・・

早くそうなって欲しいです。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事