ミニマリスト的おしゃれに挑む。

 
モノを減らし、小さな暮らしをめざしているワタクシですが、この1年と少しの間に、一番減らすことが出来たモノは洋服でしょうか。

 
家中の要らないモノ、使っていないモノを処分していこうと取組みはじめ、それは必然的にワードローブ内にも及ぶことになりましたが、これが自分のおしゃれについて今一度考えるきっかけにもなりました。
 
スポンサーリンク

 
 
いろいろな着こなしをするのがおしゃれ・・・以前のワタクシの中のおしゃれの定義はこうでした。

そのためにはたくさんの洋服を持つ事が必要と考え、ワタクシのワードローブは、ありとあらゆるジャンルの洋服が共存し、互いの個性を殺し合い、相関性を持たないダメダメのワードローブ。それも莫大な量でパンク寸前でした。

 
でも気が付きましたね。おしゃれさんになるには、洋服の量ではなくて、軸が必要なんじゃないかって。。。
 
自分の本当に好きなタイプの洋服を軸にして、それによく合うモノでバリエーションを作る・・・そうやって自分のおしゃれを展開して楽しむコト。それがワタクシが実現したいミニマリストおしゃれなんじゃないかって。

 
世の中にはあれもこれもたくさん買える、お金持ちおしゃれさんもたくさんいらっしゃいますよね・・・本当にすごいなぁ~って思います。
 
羨ましいと思う反面、管理や着なくなった後の処分などを想像すると、ちょっと大変そうだなって思ってしまいますし
 
今のワタクシは、そういったおしゃれは疲れるし、お金もかかるのでしたいとは思いません。
 
それよりも、本当に少なくて、風に吹かれるようにクローゼット内にかかっている数点のお気に入りの洋服を軸として
今後少しずつ、本当に気に入ったモノを厳選しながら買い足し、少数精鋭のワードローブを持つおしゃれさんをめざそうと思っております。今はその途中ですね。
 
これから、ワードローブ内のすべての衣類の総数をきちんとカウントし、状態を点検し、もう少し絞れないか考えてみようと思っております。
ミニマリスト的ワードローブを作るには、自分のぶれないおしゃれの軸を見つけて、方向を定めるコト。

 
ミニマリストをめざすコトは、おしゃれを放棄することではなく、逆におしゃれに挑むコトなんだ・・・年明けすぐにひいたカゼもやっと治り、今はちょっとやる気に燃えています。

おすすめの関連記事