義母の形見。

義母の葬儀から2週間余りが過ぎ

我が家の暮らしは少しづつですが、通常モードへ戻りつつあります。

義母の祭壇のお花のお世話や、供物の整理などは手際よく出来るようになりましたが

これからは義母の遺品も少しずつ整理を進めていかなくてはなりません。

遺品と言いましても、義母がこの家へ来る時、お着物やお値段の張るような物は全て小姑が持って行きましたので

ほとんどが処分品ですねぇ。

夫とワタクシが母の日に義母にプレゼントしたメガネケースを、義母は使ってくれておりましたので

それは義母の形見としてワタクシがいただこうと思い、今、義母の遺骨の側にかざってあります。

そのメガネケースを夫と選んだ時のコトを思い出すと、義母もワタクシたちも若かったなぁ

と懐かしくなります。

ワタクシは高価な遺品などより、そんな思い出とこのメガネケースだけで十分です。

義母の入院から葬儀全般での小姑とのスッタモンダを考えると、ウソ偽りなく本心でそう言えます。

 

スポンサーリンク



 

リビング隣の和室に置いてあったワタクシのパソコンは、義母が亡くなった当初、仮通夜準備の為、寝室へと移動させ今もそのまま。

来月30日の四十九日法要は、自宅でおり行う予定ですので、それまでこの状態は続く模様。

日当たりも良くない、ちょっと寒めの寝室でパソコンを開くのが、なんだかとても億劫で

ブログの更新がなかなか思うように出来ないでおります。

いかんなぁ・・・と思いながら、気も抜けちゃってついついダラダラ。

ワタクシが完全に通常モードに復活するには、もう少し時間がかかりそうです。

睡眠と食欲は十分復活してるんですけどねぇ。

 

スポンサーリンク



おすすめの関連記事