格安SIMが開通・・・不安な点、良かった点。

格安SIMが届きました。

申し込んで3日後でしたね、届いたのは。

さっそく開通までの手順と、思うコトモロモロを書いてみたいと思います。

SIMが届いてからの手順

まずは楽天のモバイル開通センターへスマホからお電話をします。

音声案内に従ってスマホのお電話番号を入力して終了。

しばらくすると(5分くらいだったでしょうか)ドコモが契約解除されたようで、圏外になったので

今までのドコモのSIMを取り出して、楽天モバイルのSIMを入れ、WifiをつないでSafariを起動して

入っていたプロファイルを削除して、新しいプロファイルをインストール。

これも字ずらでは面倒くさそうですが、全然。

楽天モバイルのユーザーズガイドがSIMについてきますので、そのとおりに進めば全く問題なし。

これでもうネットはつながる様になっています。

そのあと、楽天でんわのアプリを【アップルストア】からダウンロードしたら、5分以内かけ放題もOK。

スマホ内のアドレス帳を使ってお電話かけられますし

LineもTwitterはなにもしなくても、以前と同じようにすぐに使えました。

ドコモと楽天モバイルの違い

スマホの使い勝手、どこか変わった点はと言いましたら、お電話の時いままでのお電話マークではなくて

楽天でんわのアプリを立ち上げてかけ始めることくらいで、あとは全く同じ。

ネットの速さだって、ワタクシ的には今のところ全然違いは感じませんし、不便さもゼロ。

もっと早く格安SIMに替えればよかった・・・といった声をよく耳にしていましたが

いや、ホントです。

それにドコモの店舗で契約をすると、このオプションをつけるとお安くなる云々の勧誘ってワタクシ苦手なので

ネットでの契約はそういったコトもなく、自分でつけたいモノだけ選んでチェック入れるというカタチも好きですね。

 

スポンサーリンク



キャリアじゃなくて不安な点

キャリア携帯電話会社の最大のメリットは何かあった場合、駆け込める店舗があり

なんとかしてもらえるという点。

ワタクシがこの度選んだ【楽天モバイル】はこの辺りに店舗がありません。アップルストアもありません。ワタクシ、iphoneです。

ですのでスマホに何かが起こり、修理する、買い替えるといった場合や

SIMに不具合が起こって再発行を依頼する際などの

どうしても出来てしまうスマホが使えなくなる期間を、どう乗り切るかを考えておく必要があると思います。

お仕事の都合なんかで、絶対それ困るという、うちの夫みたいな方は、特にココ重要。

そのへんはワタクシの場合、無職のメリットで2、3日ならスマホなしでも仕方がない、という開き直りと覚悟を持って

この度、楽天モバイルの格安SIMを選びました。

この先余裕が出来、新しいスマホを購入出来たら、今使っているスマホを下取りに出さずに万が一のために、保存しておくって方法が

最善の策かな、と思っております。

楽天モバイルは【つながる端末保証】という月々¥500-のスマホを破損したり、水没させた場合の保証制度もあるようですが

その制度を使ったからといって、

コレ、壊れました

ハイ、これどうぞ

みたいに隙間なくスマホを使っていられるかどうかは、ちょっと分かりませんでした。

楽天モバイルの店舗が近くにある場合は、全然問題ないんでしょうけど

ココはないトコロですからね、まあちょっと不安な点として、納得して受け入れることにいたします。

だとしても格安SIMを選んじゃう

月々¥7,000-が¥2,000-弱・・・毎月¥5,000-の固定費の差って大きいですよね~

ここやっぱり重要ですし、良かったなって思います。

チョイ面倒を引き受けてでも、契約当初の事務手数料やら、ドコモの二年縛りの解約違約金をお支払いしてでも

普段の使い勝手でなにも困らないなら、格安SIMに軍配が上がっちゃうんじゃないかと思うのですが

いかがでしょうか。

格安SIMの不安な点を踏まえ、万が一のコトを想定しながら、今あるスマホを大切に使っていこうと思います。

キャリアから格安SIMへの変更は長い間、やろうと思いながら、なかなか出来なかったコト。

それがこの度やっと片付きました。

完璧ではなくても、今イイと思い、納得できるトコロとカタチに落ち着きましたので

とりあえずホッとしています。

 

スポンサーリンク



おすすめの関連記事