4年間続けた【角質培養】を止めたワケ・・・そしてゴワゴワお肌からの脱却。

つい5か月前まで、お顔の【角質培養】をしておりました。

長年のお手入れのし過ぎでキメがなくなり、ペラペラに薄くなったお肌の基礎体力を取り戻すため、お手入れを最低限にすることで、セラミドを取り戻し

水分を自力で掴める健康なお肌をめざしてその【角質培養】を行っていたワケなんです。

それは4年ほど続けました。

【ホホバオイル】だけのスキンケア

ワタクシが行っていた【角質培養】は【肌断食】ほど過酷ではありませんが、超シンプルなお手入れ法。

はじめた頃はお仕事もしており、メイクは必須でしたので

・メイク落としはホホバオイル
・ぬるま湯洗顔
・ホホバオイルで保湿

これが夜のお手入れ

朝は
・ぬるま湯洗顔
・ホホバオイルで保湿
・メイク

こんな感じでしたね。スキンケア用品はホホバオイルだけでした。

スポンサーリンク



【角質培養】4年の結果

はじめた途端、お肌はつっぱるわ、皮むけでお肌はボソボソになるわ、モサとよばれるモノが鼻や口まわりの毛穴から飛び出すわでもう大変。

すぐにでもこれは失敗・・・と止めるのが普通の感覚でしょうけれど、変なところに根性があるワタクシは続けました~家族や友人から心配されながら。

その間ホホバオイルが馬油に変わるくらいで、あとはひたすらストイックに角質培養を続け、お肌にとって過酷な冬を数回乗り越えて

お肌は確かに丈夫になった気がしました。

皮むけも治まり、モサもホルモンバランスの周期で出たり取れたり、乾燥もしてるようでしたけど、さほど気にならなくなりました・・・

で~も~お肌がゴワゴワ。

厚いんですよ~あんなに頼りなげでペラペラだったワタクシのお肌は、今にも剛毛が生えてくるんじゃないかという固さ。

そりゃそうですよね~はがす・・・という過程がマイルド過ぎなんですもの。

年齢も年齢ですので、肌サイクルが遅くなったところにもってきて、ホホバオイルや馬油などのキャリアオイルでのマイルドなお化粧落としに、洗顔はぬるま湯だけですから、いつまでも古い角質がお肌に貼りついたまま。

ピーリングっていうワザも知ってはおりましたが、【角質培養】にとってピーリングは邪悪。絶対やってはダメ・・・と信じておりましたし、やるのが怖かったですね。今までの角質貯めがすべて水の泡となりそうで。

この4年の角質培養で育って積もり積もった古い角質を、持て余し、この先どうしたものかと悩んでしたところ、ドラッグストアのお化粧品担当のおねえさんにお声かけされました。

それが5か月前のことでした。

ゴワゴワ肌からプルン肌へ

以前はお手入れのし過ぎで、まだ育ち切っていない若い細胞もムリヤリはがして、お肌を痛めつけていた・・・

それを反省して、今度はホホバオイルだけのお手入れでお肌をいたわったのはいいものの、古い細胞(角質)がお肌に溜まってしまいゴワゴワに・・・

これに4年を費やしました。

そんな状態で悩んでいいたところに、ドラッグストアのおねえさんのお声かけがありましてね、まさしく渡りに船~相談しましたよ。

いろいろお話ししましてね、若い細胞を大切にしながら、古い角質を上手くはがしてやる方法・・・これがワタクシのスキンケアの課題なんだと理解いたしました。

お肌はそこそこ丈夫かもしれませんが、全然キレイじゃない、そんなお肌はやっぱりさびしいですからね

そして今は、落とす過程は

・馬油(ソンバーユ)
・クレンジングフォーム (ラロッシュポゼ)
・クレンジングウォーター(ラロッシュポゼ)

この3つを使い日替わりで使い

潤すはちょっとリッチな
・美容液
・化粧水
・乳液
コーセー インフィニティ【アドバンスト モイスチュア コンセントレート】

でお手入れしております。
潤すも当初はラロッシュポゼを使っていましたが、今はコレ。

ちょっと贅沢にステップアップしてみました。おかげでお肌 プルン です。

【角質培養】に感謝

アレコレお化粧品を使い、やりすぎでお肌を痛め、その後角質培養も4年経験しましたが

やっぱりキレイを手に入れるには、なにもしないではダメなんだと。

個人差や体質差はあるとは思いますが、少なくともワタクシは放っておいたら、間違いなくただの汚いおばさんになっていくコトが十分想像できました。

スキンケアはお金をかければいいいってものではありませんが、これからも自分のお肌の調子をみながら、大切に、そしてキレイでいる為に、必要と思うお手入れをしたいと思っています。

【角質培養】をすることで、いろいろ学びや気付きがあったコトに感謝しています。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事