ショッピングモールで冷や汗・・・刺激が強すぎて、危うく自分を見失いそうになる。

昨日、久々に夫とショッピングモールをブラブラしに出掛けたのですが

お店は秋冬モード満開。

そんな中で、ちょっと入ってみたお店から、ものの5分もしないで出てきたのですが

ヤバッ、今のお店で10個も欲しいものあった・・・と内心冷や汗モノでしたねぇ。もう新商品がバッチリ揃った状態は、やっぱり刺激が強すぎました。

あぁ~カーディガンは長めね、メガネはクラッシック調ね、靴は先が尖がってるのね、ブラウスは・・・パンツは・・・バッグは・・・

流行を季節ごとに変化させ、操作して、消費者はもう右往左往。ワタクシもね。

それに乗らない勇気を持つコトは、結構大変なんだと、今更ながら思いましたね。

街ゆく人はみんなおしゃれに見えるし、お店の姿見にチラッと写る自分は、なんだか冴えない気がするし。

そんな不安が、節操のないお買い物の引き金になるんですよね。

スポンサーリンク



自分軸、おしゃれ軸を持つ

洋服をたくさん持たない暮らしをめざすなら、自分の軸をしっかり持つことが大切。

自分にはどれだけの生活シーンがあるのか・・・それを軸にして、そのシーンに対応するには、何パターン必要で、それにはアウター、トップス、ボトムス、バッグ、靴の数を決めてしまう。

これ、今ワタクシが取り掛かろうとしているコトです。

あれもいいな、これもいいな、では増え続けるばかりです。

何枚必要か。ここを自分に厳しく問いかけて、ワードローブを整理していく。そして少ない枚数だから、1枚1枚の質を上げていく・・・これ理想。

それには自分自身のモノを見る目も上げていくコトが、欠かせないのだと思います。

流行もちょっとだけ意識して、でも自分スタイルは忘れない。でも洋服は少ないぞ。

そんなおしゃれ軸を持ちながら暮らしていきたいと、無職主婦は思うのですが、やっぱりおしゃれはそう簡単ではありません。

 

スポンサーリンク



おすすめの関連記事