ジュエリーに興味が持てないのなら、いっそのこと。

 
ジュエリーに興味を持てないまま、40年余り生きて参りました。
金属アレルギーが少しある事と、貧乏っていうのが主な理由になると思いますが
ワタクシが結婚指輪以外に持っているジュエリーと言えば

 
指輪がふたつ・・・
あとは冠婚葬祭用のホワイトとブラックのパールがネックレス、ピアス、指輪のセットでそれぞれあるくらいなもの。

スポンサーリンク



 
他にいただき物などの貴金属が、ほとんどしないままで少しあったのですが、半年ほど前に『貴金属買い取ります』のお店に持ち込んで、引き取っていただきました。
この時は思いもかけない金額が算出され、ちょっと浮かれましたが。

 
そんな事ですっきりしたのも束の間、実家の母がサファイアの指輪とイヤリングのセットを持ってきて、『もうしないからあげる』って。
そんなこと言われてもねぇ・・・母はこの部分に関しては娘のことを全く分かっていなかったようですが、とりあえず貰っておくことにしました。
たいして場所はとりませんしね、ほとぼりが冷めたら、いずれ然るべき場所へってことで・・・酷い娘です。

 
母は自分の持ってるものは凄いと思っている上、講釈が長いタイプなので始末が悪い・・・
中途半端なジュエリーをやたらごちゃごちゃ持っていて、たぶんこれからも小出しにしてくると予想できますが、大丈夫、キッチリ引受けてムダのないようにいたします。
ジュエリーも流行がございますもの、すたれたモノは形を変えて生まれ変われるところへ旅立たせてあげるのかベストかと考えます。

 
すごく若かった頃は、それなりの年齢になったら自分もジュエリーをつけたくなるんだろうな・・・と漠然と思っていましたが、そこそこの年齢になった今、そんな予兆は全く見られず、それどころかすぐに『貴金属買い取ります』のお店を思い浮かべちゃいます。
 
 
たぶんこのままずっ~と、光り輝くジュエリーになんの興味を持てないまま人生突き進む予感がいたしますね。
いいさ、お金かかんないし、そう思う次第です。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事