義母のお部屋の【明け渡し準備】始める。

義母が入院して79日目です。

依然入院前に入所していた高齢者施設の義母のお部屋は、そのままになっているのですが

入院から3か月がたつとお部屋を明け渡さなくてはいけない施設の決まりあります。

その明け渡しの期限まであと10日あまり。

義母の今の容体では、退院は難しいようで

夫といろいろ相談しましたが、とても残念ですが、お部屋明け渡しの準備を始めることにいたしました。

スポンサーリンク



 
お部屋明け渡しの日を決め、小さなお引越しを請け負ってくれる業者さんに、義母の荷物を我が家まで運んでいただく依頼をし

施設側にもその旨の連絡を入れる・・・

今日はココまでいたしました。

義母お気に入りのお部屋をなくしてしまうのは、帰る場所をもぎとってしまうようでココロが痛いのですが

その決めた引き渡しの日までに、夫と二人で義母の荷物をまとめる作業に入ることになります。

病院のベッドで、乱高下する熱にうんざり気味の義母に、このお話は伏せます。

お部屋を明け渡したって、退院の目途がたったら、また同じ施設に入所申し込みをすればいいんだから、問題なし。

次の手はちゃんと考えてあるんだから全然大丈夫・・・心配ないよ、お義母さん。

義母の容体は厳しくても、夫もワタクシも、一縷の望みを抱いています。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事