どんなにモノを減らしても、ストックしておくモノ。

 
モノの少ない小さな暮らしをめざし、日々いろいろ考えながら心地の良いところを求めているワタクシですが、今日はモノのストックについて少しだけ書かせていただきます。

 
我が家が所有するのモノの絶対数は、この1年でかなり減ったと思うのですが絶対にストックしておこう、減らしてはいけないと思っているのは、いざという時の為の食糧。
 
スポンサーリンク

 
なにか災害が起き、ライフラインが止まり、避難所にも行けず自宅で過ごさなくなければならなくなった時、自力で3日過ごす量を目安に考えています・・・といってもキッチリ囲ってストックするのではなく、お米が手つかずの状態で10キロほか、缶詰、レトルト食品、乾麺など普段食べているモノを少し多めに買っておき、消費しながらストックキープしておく感じです。

 
夫と二人分の最低限と考えると、さほどの量でもなくキッチンの一部分のすぐに取り出せる場所に置いてます。あとはミネラルウォーターと簡易トイレ用品・・・これらはどんなにモノを少なくした生活をしても、減らすことはしたくないと考えています。

20140112_122449
 

我が家は年がら年中お鍋料理をいたしますので、常備している卓上コンロやボンベはありはすし、お米はいつも炊飯器ではなくお鍋で炊いていますので、ご飯をお鍋で上手に炊く訓練はバッチリできています。

 
災害など絶対に起こってほしくはないですが、万が一を考え、これからもちょっとだけ気にかけながら暮らしていきたいと思っています。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事