旅と御朱印。

旅から5月4日に帰宅。

そして5,6日とお休みが続き、昨日7日から夫が出勤したワケなのですが

夫を送り出した途端、ワタクシ、どっと疲れが出ました。

夫には気遣いゼロで暮らしているつもりですが、やはり9日間ずっと一緒は

何かとなんなんですね・・・お互いさまですけれど。

そんなコトで、昨日のワタクシは、ひたすらダラダラとすごし

今日からやっと普通にお掃除、旅の片付けなどに取り掛かっている次第です。


さて、今回の旅の先々で【御朱印】をいただいて参りましたので、ご紹介させていただきますね。

この頃は【御朱印ブーム】ですし、GWの賑わいもあって、神社、仏閣の御朱印受付けは、なかなかの混雑ぶりでしたが

それを待つ間、その場所のパワーをいただきながらそこにたたずむのもいいものです。

スポンサーリンク

福井県福井市・福井神社

【旧福井城内】の霊域に、

福井藩主【松平慶永】を御祭神として創設されたのが【福井神社】。

近代的な拝殿が、街の中心地に鎮座します。

令和最初の日にいただいた記念すべき御朱印。

目の前で書いていただくのをじっと見つめてしまいました。

福井県吉田郡永平寺町・永平寺

祖先供養の為、福井県の永平寺を訪ねました。

そしていただいたのがこちらの御朱印。

【承陽殿】とは永平寺をここに開いた【道元禅師】が祀られている御真廟。

立派な御朱印をいただきました。

永平寺では、たくさんの【雲水さん】と呼ばれる修行僧が修行をされております。

永平寺内では雲水さんをお見かけいたしましたが、皆様極限まで痩せてらっしゃる・・・修行の厳しさが垣間見られました。

我が家は曹洞宗の檀家ですので、大本山の永平寺へ来る事がこの度やっとかない、そして祖先法要に参列が出来、感激でした。

いただいた御朱印は、お仏壇に御供しています。

福井県福井市・柴田神社、三姉妹神社

戦国武将【柴田勝家公】と妻【お市の方】をお祀りする【柴田神社】。

肝心の拝殿の写真を撮り忘れ・・・(汗)。

そして三人の娘をお祀りする【三姉妹神社】の御朱印です。

三姉妹神社をお参りすると、美人になれるとか・・・。

柴田神社は福井駅の近く、きれいに整備された公園とともにあります。

石川県金沢市・金沢神社

兼六園近くにある金沢神社には、【菅原道真公】がお祀りされています。

【芋ほり藤五郎】が、山で採った山芋を湧き水であらったところ、砂金がついていて、それを人々に分け与えたという【芋ほり長者伝説】の湧き水は

金沢神社境内にある【金城霊澤】だとか。

金沢の地名の由来も、この湧き水をかつて【金洗い沢】と呼ばれたところからきているそうです。

石川県金沢市・尾山神社

戦国武将【前田利家公】と妻【松】が祀られています。

金沢市のとても賑やかな場所にあり、たくさんの方が参拝されておりました。

金沢の街を守っている感じがしましたよ。


岐阜県大野郡白川村・白川八幡宮

こちらは残念ながら社務所が締まっておりましたので、御朱印はいただけませんでしたが

なんだかとても明るくて、キラッキラした神社という印象で、思わずお参りしたくなるそんな神社でした。

もちろんお参りをさせていただきました。


GWの旅でいただいた【御朱印】をご紹介させていただきました。

振り返って、見返して、旅のあれやこれやを回想し

旅ってほ~んとイイもんですね・・・そんなコトを改めて思っておりましたが

いい加減スーツケース仕舞って、しゃっきりとしなくてはいけません。

スポンサーリンク

おすすめの関連記事