義母の一周忌と御朱印はじめ。

義母の一周忌法要を済ませました。

親戚の方からお花や御仏前をいただきましたが、法要への御案内はしませんでしたので、お坊様に自宅に来ていただき、夫とワタクシのふたりだけの法要となりました。

これで本当のひと区切り・・・喪が明けたことになるんですね。

法要の翌日、夫とワタクシ、ふたりで自宅近くの神社へ参拝へ行ってまいりました。

スポンサーリンク

抜けるような青空でしたが、超寒くて、でもとても清々しかったですぅ。

節分は過ぎていましたが、神社には厄払いの方が結構いらっしゃっていて賑やかでした。

ワタクシ達は、鳥居を3つくぐり、本殿前で参拝。

そのあと社務所により、ワタクシ【御朱印デビュー】をいたしました。

御朱印帳はネットでお気に入りを購入しておりまして、義母の喪が明けたらはじめようと以前から計画しておりました。

社務所の受付で御朱印帳をお渡しして、10分程でいただけました。とても立派な文字で、日付けも入れていただいていますので、これが喪明けの区切り記念になりました。

この先、ワタクシの生まれ育った町の神社の御朱印も、実家に帰った際にいただいたり

夫と訪れる旅先で、その土地の神社に参拝できる機会がありましたら【御朱印】を記念にいただいたりと、のんびりな御朱印集めをしようと考えております。

夫とワタクシ、そしてワタクシ達の大切な人の健康と幸せを願って、です。

スポンサーリンク

おすすめの関連記事