年に2度、中身の点検・・・我が家の【非常用持ち出し袋】。

 
我が家の【非常持ち出し袋】。

災害が起きて、避難した際の最低限必要な身の回りのモノを、過去の経験者の方々の声を参考に、自分で作った【非常用持ち出し袋】です。寝室に置いてます。

そして毎年3月と9月の年2回、この中身を点検します。季節に応じて必要なモノも、ちょっと変わってきますからね。

スポンサーリンク



食料はアメやチョコレートくらいで極僅か。お水も500ミリのペットボトルを1本だけ。欲張ってあれもこれもになると、あっという間に持てない重さになりますから。

あとの食糧は避難所頼みですね。ヒモジイ思いは皆さんと一緒にします。

そのほかの【非常用持ち出し袋】の中身を書き出してみました。

 ・ ヘルメット
 ・ 下着、靴下替え1回分
 ・ ティッシュ ・ウエット ・生理用品 
 ・ タオル ・歯ブラシ ・石けん
 ・ レジャーシート ・アルミブランケット 
 ・ 懐中電灯 ・携帯ラジオ ・電池
 ・ スマホ充電コード ・ソーラー充電器
 ・ 箸 ・カップ ・ゴミ袋
 ・ メガネ ・マスク ・軍手
 ・ メモ帳 ・ペン
 ・ スリッパ
 ・ レインウエア

 
こんな感じです。

はじめて【非常用持ち出し袋】を作った時は、ガムテープやカッター、裁縫セットなどなど、他にもたくさん入れていましたが、避難所で借りられると思うモノは、思いきって減らしました。

このほかにイザとなると、スマホや貴重品などの持ち出しもありますよね・・・。その時、落ち着いて行動できるかどうか、不安はありますが、心がけだけは持っていないと。

この他自宅待機用に、非常食が3日分ほど、ペットボトルのお水が2ケース、非常用トイレの準備数日分ほど・・・これが我が家の防災の備えの全てです。

これらを見直しながら、この【非常用持ち出し袋】や自宅用の防災グッズの出番がないコトを、願うばかりです。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事