脱・ヘナのその後。

 
数年間【ヘナ】で白髪染めをしておりました。

 
ワタクシの髪の毛は美容師さんによりますと、髪全体の5%ほどが白髪らしいのですが(今現在)
黒髪はヘナで染まりませんので、全体的にみると真っ黒・・・それにちょっと飽きていました。
 

■ 明るいブラウンヘアにしたい

【ヘナ】の良さは十分認識していたのですが、昔やっていたちょっと明るいブラウンにまたしてみたい衝動がおさえきれず、今から二ヶ月ほど前、美容室でヘアカラーをいたしました。
 
美容師さんは、ワタクシの体質や髪質を考えて、ヘナのままの方がいいんじゃないか・・・というのが本音のようでしたが、そこを押し倒し、ワタクシはヘアカラーをオーダーしました。
その時点でワタクシは【脱・ヘナ】を心に決めていました。
 
 

■ 1度目のヘアカラー

ヘナが重なったワタクシの髪は、ヘアカラーで気持ちブラウンになり、時間が経つごとに少しづつ明るくなっていく予定でおりました。
 
しかし、その日の夜、ワタクシはちょっとした腹痛にみまわれました・・・下っ腹ぐらいなところなのですが、なんだかちょっとイヤな感じ。。。
昔ヘアカラーをしていた頃はそんなことなかったのに。
 
経皮毒っていうのはあまり信じていませんでしたが、ちょっと頭をかすめました。
 
その腹痛はすぐに治まり、翌日には腹痛のコトはすっかり忘れ、ちょっと明るくなったブラウンヘアにウキウキしていました。
 
 
スポンサーリンク

 
 
 

■ 2度目のヘアカラー

それから一ヶ月後、出来ればもうちょっと間隔をおきたかったのですが、パートのお仕事(すぐに辞めたのですが)が始まることになったので、再び美容室でヘアカラーをしました。
 
美容師さんも前回から一ヶ月しか間を置いていないコトを心配してくださいましたが、ここでまた無理やりワタクシが押し倒し、ヘアカラー。
 
それでも、美容師さんは染めるのを、髪の毛の前半分だけという奥の手をつかってくださいました。
 
その日の夜・・・ワタクシちょっと激しめの頭痛にみまわれました。
 
前回のヘアカラーの夜の腹痛のコトも思い出しながら、ズキズキする頭痛にほんとうにイヤな気持ちになり
 
たぶんこれは体がヘアカラーを拒否してるのかもしれない・・・そんな気がしてなりませんでした。
 
 

■ 結局また【ヘナ】

その頭痛も翌日には治まっていましたが、ワタクシの心は決まっていました。
 
ワタクシやっぱりヘアカラーやめます。そして白髪染めは【ヘナ】に戻します。
20141014_132047
 
その頭痛をおこした二度目のヘアカラーから約一ヶ月がたち、そろそろ生え際の白髪が気になり始めました。
 
再び【ハナヘナ】のセルフケアをしようと思っています。
 
薬品とか成分などのむずかしいコトは分かりませんが、ちょっと違うという自分の体からのサインは敏感に感じ取りながら、体を大切にしていくことは重要なことですよね。
 
明るいブラウンヘアは諦めて、【ヘナ】でハリハリの黒髪に戻ってやるっ。
 
【ヘナ】と【ヘアカラー】ですったもんだの二ヶ月とちょっとでした。
 
 

 
 

おすすめの関連記事