コイルホースの長所、短所もろもろ。

 
昨年の今頃、このコイルホースを購入しました。

 
ところが、長さ6メートルを選んだら大失敗。コイル状で6メートルなんてワタクシの歩幅で3歩分くらいなもの。。。
お外の散水栓につなげて用事を足そうにも、短くて全然役に立たない。
 
スポンサーリンク

 
 
悔しいけれど買い直しました。

 
今度は思い切って
20150406_125258
18メートル!
これなら大丈夫そう。

 
スタンド付きのタイプもありましたが
 
20150406_125400
100均のカゴにこんな感じで収納することで良しとすることにしました。

 
このコイルホース、使用後のあのホースの巻取りの苦労がなくてとても使いやすいのですが、なんせかんせ全部クルクルしていますので、余分に長さが必要になります。
 
お買い求めの際は、十分余裕を見て長さをお決めくださいませ。

 
さて、6メートルの購入失敗のホースの処遇をどうしようか考えています。
 
できればリサイクルショップに持ち込みたいところなのですが、このホースの形状のクルクルのせいで、ホース内の水がなかなか完全に抜けきらず、ちょろっちょろっと出てきます。吊るしておいて、もういいかな、とまとめるても、またなんとなく出てくるし。何度かそんなコトを繰り返しています。

 
こんなんじゃリサイクルショップに持ち込めないなぁ~やっぱり捨てなきゃいけないでしょうね。

おすすめの関連記事