43時間の停電・・・防災用品で役立ったモノ。

北海道を襲った大きな地震から

4日が過ぎました。

ワタクシの住んでいる地域は北海道ですが、揺れはそれほどでもなく被害も少なかったのですが

震源地近くでは、亡くなられた方もたくさんいらっしゃって、天災の恐ろしさに震えました。

そして災害への備えについて、今一度考えております。

スポンサーリンク



 
今回の地震、そして長引いた停電で一番役に立った備えは

【携帯ラジオ】。

停電でテレビはもちろんつかず、スマホも充電は足りていても、環境がズタボロのようで電話もネットもつながらず

情報がとれない・・・そうだ、ラジオ。

非常持ち出し袋にいれていた携帯ラジオを出しました。

乾電池仕様で、夫が遥か昔、粗品でいただいてきたモノで、正直ちょっとバカにしておりましたが

とても助かりました。粗品では決してありませんでしたね。

こういった時、一番欲しいのは情報。ラジオから地震の被害や余震、ライフライン、交通、気象の情報を得ながら停電解消の時を待ち過ごしました。

夕方、暗くなり始めてからは、懐中電灯やランタンの準備をし、早めに食事の支度にとりかかりました。

冷蔵庫、冷凍庫にあるモノを傷みそうな順から優先して使うメニューを考え

我が家はIHコンロですので停電時はつかえませんので、卓上コンロで、ごはんを炊き、お味噌汁を作り

簡単なお肉とお野菜の炒め物、非常食の缶詰めで最初の夜は済ませました。

幸い水道は大丈夫でしたので、洗い物に困る事はなく、ケトルでお湯を沸かしながら、油ものをやっつけました。

食料や卓上コンロのボンベ、電池など、備えてあるモノでなんとか足りましたので、コンビニやスーパーに並ぶこともなく済みましたが

そんなコトを2日間繰り返し、停電から43時間後

電気が点きました。

その眩しいことといったら・・・いつもと同じ明るさのはずなのに、眩しくて眩しくて。

そして明けた一昨日、昨日とスーパーに食料品の買い出しに行ったのですが、あまりのモノの無さにびっくり。

お店によって豊富にあるモノ、品薄なモノは様々ですが、お豆腐、納豆、牛乳、卵は特に手に入りません。

過去にも大きな地震は経験しましたが、これは停電が長引いた影響のようです。

そして週明けの今日、普段通りの日常を送れております。夫も出勤しました。

テレビも点いておりますし、お洗濯もできました。こうしてブログも書けます。

この日常が当たり前だと勘違いすることなく、

日々を過ごさなくては、と思っております。

防災の備えは

まず携帯ラジオ

そして灯り

でも命最優先なのは言うまでもありません。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事

2 件のコメント

  • こんにちは。
    ご無事で良かったです。
    本当に大変でしたね。我が家は台風直撃の地域でしたが、幸い停電も一瞬、被害もなかったです。
    停電の時に必要な物はラジオ…メモメモ。
    備蓄などしてますが、今一度見直したいと思います。ラジオはありますが、手回し充電出来るラジオを新たに購入予定です。
    まだまだ買い物など不自由な事があるかもしれませんが、お体気をつけて過ごして下さいね。

    • 永野 さま
      こんにちは。コメントありがとうございます。
      この辺りは被害がほとんどなく、混乱も少なかったのですが
      未だお買い物は欲しい物が思ったように手に入らずに、苦労しております。
      はい、ラジオはぜひ非常用にお持ちください。手回し&電池両用タイプで
      電池多めに備蓄がいいかと思います。
      地震から1週間たっても、単一、単二が品切れ続出してますから。
      これから台風が多くなりますね。
      永野さまもどうかお気を付けてお過ごしください。

      エリバ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です