枕元の備えを整える。

人間も動物も、生きているモノ全ては

寝ている時が一番無防備ですよね。

我が家は非常時の持ち出し用品や、食料などは割と備えている方だとは思いますが

就寝時はと言いますと、お風呂上がりに履いた靴下を、無造作に脱いで、ベッド下にブン投げておくくらいで、何にも備えていないに等しかったんです。

気になりつつも、後回しになっておりましてね

初夢も最悪でしたし、万が一を考えると、ココが本当は一番大切なんだよな・・・と改めて思いましてね、寝室のヘビィタンスを移動ついでに、枕元の備えに着手。

そして、こうなりました!

ベッド横の下、すぐ手が届くところに、非常灯、メガネ、ネックライト、そしてこれにプラス、スマホ。

赤い非常灯は電池式です。両面テープでベッドにくっつけて

パナソニックのピンクのネックライトは、胸元にぶら下げると、足元や手が届く範囲からちょっと先まで照らすことが出来て、とてもイイと思いました。

パナソニック LEDネックライト ビビットピンク BF-AF10P-R [BFA…

ヘッドライトも考えましたが、こちらの方が身に付けやすいかな、と思いまして。

そして、夫のほうは

ラジオ兼懐中電灯、ネックライトに、プラススマホ、目覚まし時計。

それらが可愛いマットに乗ってます(プププッ)。

昨年は災害の多い年でした。2019’は穏やかであって欲しいと願いつつ、いつなにが起こるかわかりません。

その不安を少なくするには、ワタクシたちには備えるコトしか出来ません。

使わない可能性が高いモノを買う、という行為は、モノの少ない暮らしを目ざす上で、逆を行くコトなのかもしれませんが

備えない不自由はイザという時、本当に困ります。それは昨年の北海道の地震で身をもって感じましたから。

今後も日頃からコツコツと、気が付いた時に、非常用品や備蓄できる食料を、ローリングしながら備えておこうと思います。

ご近所さんが困っていたら、おすそ分け出来るくらいの余力を持てればなお良いですね。

今日は我が家の枕元の備えをご紹介いたしましたが

就寝中のまさかの際、出来れば洋服も着たいですし、その為には考えなくてはならないところはまだまだたくさんありますね~。

普段の暮らしを最優先に、そしてムリなく邪魔ではない防災・・・それを実現するのは、簡単そうでなかなかの難題かと思うのですが、ワタクシなりの研究を重ねていこうと思います。

おすすめの関連記事