奇跡のパンツの垢抜け感。

パンツが欲しくて

出掛けました・・・お買い物に。

日曜日でしたので一応夫を連れて、でもショッピングセンターのイスのあるところに、なんだかんだと理由をつけて置き去りにして

時々覗くお店へひとりで。

欲しいのはデニムの濃いお色の極太タイプ。

お店の可愛いおねえさんが、4本ほど見繕ってくれまして、試着室へ。

2本目を穿いたところで、決まりました。

スポンサーリンク



 
お色、形、素材言うことナシ。それにお直しナシでチビガリのワタクシに合うパンツなんて、奇跡です。

だたお値段は考えていた倍。¥24000-(税別)。

でもね、迷う理由がお値段なら買いっていいますからね、買っちゃいました。

それがコチラ

極太、床スレスレ・・・イイ感じ。

持っているトップスに合いますし、これから買いたいとイメージしているトップスにもきっと合う。。。

満足ですぅ。

 
で、買ったら捨てる・・・コレ基本ですから

【ヒューマンウーマン】のネイビー、サブリナパンツ。

太ったわけでもないのにいつの間にかピッチピチで、膝もぼっこり出た無残なこのパンツ。

それにこれ穿くと、古臭さMAX。お出掛け厳禁。

お別れです。

ありがとう お疲れ様。

いつも思うんですよね~流行はあまり追わない方がいいかなって。

でもちょっとだけ流行を取り入れると、途端に垢抜けるって。

この垢抜け感ってやっぱり大事なんだと思います。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事