初級レベルのWordPressブログ運営~アップグレード、子テーマ編。

 
ワタクシのこのブログは、WordPressを使って作成しております。

 
WordPressは極たまにアップグレードがあり、その際は管理画面にお知らせが入り、ボタン一つ、二つで簡単に完了し、最新のバージョンを使用することが出来ます。

 
つい先日もこのアップグレードがありまして、ワタクシもポチポチッとしたところでございます。

 
その結果、以前は記事内でよく見かける『 続きを読む→ 』となっていた部分が 
『 Continue reading→ 』とちょっとカッチョよくなっていました。そうかぁ~そこがアップしたんだね~と納得。
 
他にも変わったところが、きっとたくさんあるだろうと予想できますが、ワタクシが使用しているテーマで、初級レベルなワタクシが認識できたのは、今のところそこだけです。
 
スポンサーリンク

 
 
ただ、アップグレードがありそれを更新すると、ブログ内のカスタマイズしていた部分が、元のモノに上書きされ戻ってしまうという悲劇がおこってしまいます。
 
それを防ぐ為、元々のテーマを親テーマと言いますがを、そのフォルダを直接カスタマイズせずに、子テーマというモノを作り、そのフォルダ内のスタイルシートやファイルなどに、カスタマイズをドンドン書き加えていくという方法がベストのようです。
 
これだといくら親テーマがアップグレードで上書きされても、子テーマはビクともせずに、カスタマイズされたスタイルがそのまま反映されます。これでアップグレードがいつ何時あってもサクサクっといけます。

 
ただワタクシの場合、一カ所だけ、親テーマをちょっといじっていたところがあったのですが、今回そこは見事に元に戻っていました・・・あぁ~やっぱりか~でしたが、ほんの少しでしたので、ちゃちゃっと直しておきました。
 
この部分の子テーマを使ってのカスタマイズ方法を、まだキッチリ調べていませんでしたので、これ早急にやらなくてはいけない部分です。
 
と口で言うのは簡単ですが、パソコン音痴のワタクシは、最近やっとこの手順に慣れてきたところでございまして、まだまだ苦労は続いております。
 

そんなワタクシが、WordPressについて説明するというのは、ちょっとした冷や汗モノなのですが、このブログの育て方をちょっとだけお伝えしたくてWordPressというカテゴリーを作りまして、極たまにこんな記事を書かせていただいております。

 
ブログをもっとこうしたいな~とかいう妄想はたくさんありながら、カスタマイズがあまりにものんびりしたペースなのに、自分でも呆れ気味ですが
 
今日はワタクシなりの言葉で、WordPressのアップグレードと、子テーマのコト、ちょっとだけブログ作成の途中経過記録もかねて書いてみました。

おすすめの関連記事