暖房費がかさむ季節・・・節約の為のあれやこれや。

 
すっかり寒くなりました。

 
ワタクシの住むこの地は、最低気温がついに氷点下に突入。

暖房は朝、タイマーで午前4時から燃焼するようにセットし、夫が出勤後ワタクシ一人になると止める。午後6時過ぎ、寒いと感じた頃再びつけて、就寝時まで・・・というのが最近の暖房燃焼サイクル。

夫曰く、かなりなケチっぷりだそうです。

 
スポンサーリンク

 
 
我が家の暖房は灯油のセントラルヒーティングシステム。全室に暖房パネルを設置し、そのパネルが温まることでお部屋をあたためます。

ここ数年灯油はジワジワ値上がりし、特に需要期の冬になると我が家を責め立てるように高騰します。
一ヶ月灯油代が5~6万円なんてこともありましたね~。お友達のお宅は8万円超えることもあったと聞きました。
毎月くる、灯油代の請求書の恐怖といったらもう。。。

でも今年はちょっと灯油がお安いとニュースになっていましてね、1リットル¥70-くらいだとか。

ホッと胸を撫で下ろしつつ、お安いまま推移してくれることをワタクシ願うばかりです。

これから、1日中ほとんど暖房を消すことが出来ない季節がやってきます。

灯油の値段に戦々恐々としながら、カゼをひかないように

紅茶をいただく、あたたかいインナーを着る、お鍋で暖かいお食事をとる・・・主婦の知恵と長年のケチっぷりで蓄えた経験を駆使し、今シーズンも冬を乗り越えなくてはいけません。

冬本番はすぐそこまで来ています。

家計を守りながら、そして寒さに負けないようにがんばならいと。。。
 
 

おすすめの関連記事