我が家の今年後半の貯蓄の伸びを振り返り、そのワケを考えてみた。

 
今年後半、我が家の貯蓄はグイッと伸びてきました。

そのワケを、ワタクシなりにちょっと振り返って考えてみました。

我が家の家計のやり繰りは、ここ数年それほど大きく変わっていませんし、先取り貯金も以前通り。新しく始めたことといえば【積立投信】くらい。
それも月々¥4,000-と少額。

貯蓄が伸びるようになったのは【断捨離効果】で、あまりモノが欲しいと思わなくなった、というのもあるとは思いますが、一番大きいのは

【これに対して、これだけ払うのはどうなんだろう・・・】と考えるようになったからの様な気がいたします。

なにか買う時、それを見ていいな・・・と思う、そしてお値段を見る・・・そこに納得が生まれればOK。

そうでなければ、中止、または保留。
お買い物をする時に、ちょっと立ち止まる習慣が、ワタクシに身についたからでしょうか。

そんなコト、いい大人なら当然なんでしょうけど
以前のワタクシは、全然そんなこと考えませんでしたからね~お値札見ないで、ドンとレジへ行くなんて普通にやってましたから。

そんなワタクシが、ちょっと気持ちを入れ替えただけで、我が家の貯蓄に大きな変化が見えたのです。

 
スポンサーリンク

 

■ 【費用:品質】はOK?

二ヶ月ほど前、母と叔母に誘われて温泉へ1泊で行ってきました。

ワタクシの宿泊費は母と叔母が出してくれたのですが、それなのにこんなコトを言うのはなんですが、一人当たりの宿泊費を聞いてワタクシびっくり~。

『たかっ!』って思わず口から出そうになりなりました。

それはお値段だけで思ったわけではないんですね~お部屋の質やお料理、サービスなどトータル的に考えて、これでそのお値段は高い~と。

母と叔母は何度もその温泉宿に泊まっているので、なんとも思っていないようでしたが、ワタクシは初めてでしたし、いろいろ思いましたよ~。

自腹で行くコトはないなぁ~と。。。オゴッテもらってバチがあたりそうですけどね。

先月、夫と行った【塩別つるつ温泉】は、納得の大満足ができたんですけど・・・その時の記事は→コチラ

温泉宿に限ったコトではなく、日々の小さなお買い物でも、最近のワタクシの思考は常にこういった感じで、めんどくさく働いておりますが

【費用:品質】で納得がいけば満足感が得られます。それはお金を大切に使っているコトにほかなりません。
 
 

■ 小さな暮らしを求める効果

モノをたくさん買い込む生活が豊かだと考え、失敗も数々重ねてきましたが、モノを処分すればするほど、お金の使い方を考えるようになります。

これは小さな暮らしを求めた効果ですね。

正直まだまだワタクシの身の周りには、処分するのかしないのか、判断できかねているモノが残されていますが、今後もマイペースでいいやと思い、小さな暮らしをめざすコトは今現在も継続中です。

完成なんて、簡単に出来そうにありませんが、続けるコトは理想へと近づくコトです。

そしてこれからも、小さな暮らしを求める効果でコツコツ貯蓄を増やしながら、我が家の暮らしがどんな変化をし続けているか、時折こんなふうに考えてみるのも悪くないな・・・そう思っています。

来年も【貯蓄のカーブは右肩上がり】を、そして【暮らしは小さく】を地道にめざしていこうと考えています。

 
スポンサーリンク




おすすめの関連記事