天職を見つけたオトコ、ブログに苦心するオンナ。

 
夫に聞いてみた・・・
『ワタシがブログでスッゴク収益上げるようになったら、お仕事辞める?』

 

■ 会話のつづき

ちょっと呆れた目をしながら 夫『いや、辞めないよ』
 
ワタクシ『スゴイ金額なんだよ。二人がラクラク暮らしても余るくらい』
 
夫、淡々と『仕事は辞めないよ。そんなにブログで稼げるようになったんだったら、そのままがんばっててください。オレはこのまま仕事つづけるから』
 
ワタクシ『今のところそんなに、というかぜんぜん稼げてはないけど・・・』
会話終了。。。
 
決して心がすれ違っているワケではありません。

 
スポンサーリンク

 
 
 

■ 天職を見つけた人

夫は天職見つけてるんですよね~自分がしたいお仕事と人が夫に求めるお仕事が一致している・・・これって最強なんだと思います。

例えワタクシがどんな確固たるお仕事についていたとしても、どんなに大金を稼げるオンナだったとしても、ものすごい資産家のご令嬢だったとしても←(すべて妄想)

夫は自分のお仕事を全力でつづけるんだと思う。たぶんワタクシのコトよりもお仕事を愛してるんだろうな。。。キッ。
 
そんな夫との冒頭のやり取りは、ちょっとギャフンだったけど、夫の本当の気持ちと考えなんだと理解できます。そのおかげでワタクシもヌクヌク安心して暮らせているわけなんですが
 
本当に自分の好きなコト、やりたいコトっていろんなコトを実際やってみなければ絶対に見つからないコトらしいですし、そういうワタクシはそれが見つかっていないヒト。
 
その本当に好きなコト、やりたいコトがお仕事だったっていう、うちの夫はなかなかの幸せものなんだと思います。妻のワタクシからしても羨ましい限りですが、そういう人が一家に二人いたっていいんですよね~それ理想だなぁ。
 
 
 

■ 人の為になるお仕事

40代後半のこれからでも、好きなコト、やりたいコトって見つかるのだろうか・・・という若干の不安をいだきながら、日々家事とブログ更新に明け暮れているワタクシですが
 
ブログを書くコト・・・好きです、大好きです。
 
書きたいコトや自分の考えを発信する・・・ステキなコトです。
 
でもその好きでステキだと思えるコトが、人の為になっていないと、天職とは言えないんですよね。
 
今のワタクシのブログ・・・人の為に全然なってないな・・・。
 
 

おすすめの関連記事