今どきの体重計ってスゴイ・・・【タニタ】に毎日のる暮らし。

うちの体重計ってどうなの?

コレ、夫の発言。

え~え~我が家の体重計ときたら

こんなヤツ・・・超アナログでレトロ。

測ろうとする度、必ずくるってますから、まずはメモリをゼロにキッチリ合わせてからがお約束。

この体重計、ワタクシが独身時代から使っていたもので、ラブリーなネコの絵がついていたので、白いカッティングシートを表面に貼って、シンプルライフの小道具のつもりでおりました。

見ためはもちろん、性能もどうなんだろう?って・・・でも気にならないフリをしておりました。

スポンサーリンク



でも、最近健康管理に目覚めた夫が、血圧計の次に気になるのが体重計らしいですし

我が家の体重計に、疑問と疑惑を感じているようでしたので

買いましたよ~新しい体重計。

それがコチラ

タニタ 体組成計 BC-315-WH パールホワイト

あの【タニタ】ですぅ。

この体重計、身長や年齢、性別を登録しておくと、

乗るだけでスイッチがオンになり、乗ったヒトが登録されたどのヒトなのか勝手に識別して、体重はもちろん、体脂肪率、骨量、筋肉量、BMI、内臓脂肪量、基礎代謝量なんか出てきちゃう。

今どきの体重計って、このくらいのコト朝飯前にやっちゃうのね~
驚きました。

もっとお高い体重計は、Bluetooth自動送信でアプリ連動だったりするんですって~。

そこまではいらないやっていうか、買えないので

コチラの【タニタ】を選びました。

この頃の我が家は朝起きたらおトイレ行って、

この体重計に乗り、先日購入した血圧計で血圧、脈拍を測り、体温を測る

夜はお夕食が終わって2時間ほどしたら、血圧、脈拍、体温を測る・・・

でそれらをノートにつける・・それが習慣化しています。

そんなワケで、最近の我が家には健康管理グッズがちょっと増えました。

若い頃はそんなのなくたってなんとも思わなかったモノが、年を重ねたせいでしょうね、欲しいと思うようになりました。

そしてそれらが便利で、とても有意義だと感じますね。

これからも毎日朝晩、続けていきます。

細かなカラダの変化は、そんな地道なところから見えてくるに違いありません。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事