年末年始の生ゴミ保管のコト・・・待ちに待った今年最初のゴミ収集日。

年末年始はゴミが増えます。

そこへもってきて、ゴミの収集もお休みになりますので、主婦は苦労しますよね。
特に生ゴミの保管はなかなか大変です。

ゴミをまとめる際は、生ゴミからなるべく匂いが出ないように、ポリエチレン製の袋(ローカルルールで可燃ゴミ可)に入れ、口をキッチリ縛り、さらに新聞紙に包んでから、自治体指定の可燃ゴミ用のゴミ袋を入れたゴミ箱に入れる・・・ワタクシなりの工夫で、いつもよりかなり厳重です。

スポンサーリンク



ゴミ箱がそこそこいっぱいになったら、可燃ゴミ用の袋ごとゴミ箱から出して、新聞紙で上部を覆ってから口をキッチリ縛り、キッチンから涼しいシューズルームに移動させて、収集日まで保管しておく・・・こんな具合です。

これで普通の生ゴミはなんとかなりますが

手強いのが、カニやエビを食べた残骸・・・。

これは他の生ゴミと同じような方法では、悲惨なことになりますよね~半日もすると、家中あの匂いに包まれます。

ですので【冷凍】!

これしかありません。

冷凍庫内も年末年始はそんなに余裕はありませんので、極力小さくまとめて袋を2重にし、冷凍庫内の隅のほうに入れておく。これに勝るものはありませんし、ワタクシ他に思いつきません。

年末年始に限らず、カニ、エビを食べたらこの方法ですね。めったありませんけど。

そして今日、今年最初の可燃ゴミ収集日でしたので、ゴミステーションに全て出してきました。どこのお宅も今日はゴミの排出量が多いみたいでしたねぇ。うちも普段の3倍くらいありました。

収集の方、本当にご苦労様です。面倒かけます。

生きている限りゴミとは無縁ではいられませんが

常日頃から過剰包装や食べ残しなどに気をつけて、ゴミは極力増やさいな努力を、我が家なりにしていきたいな・・・そんなコトをゴミでテンヤワンヤする年末年始になると毎年思います。

でも通常通りにゴミを収集していただけるようになると、また気が緩んじゃうんですけど。

今年は小さな暮らしと合わせて、少ないゴミをもっと意識していけたらな・・・そんなコトを改めて思っておりました。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事