【楽天ネット証券】口座開設の2ステップ目に進みます。

 
【楽天ネット証券】に取引口座を作るため手続き中ですが、その途中経過を報告します。

 
ネット上で【楽天ネット証券】のサイトから口座開設の為の書類送付を依頼し、それが届きましたので

・総合取引口座開設の申込書
・身分証明書の写し
・【NISA口座】開設に必要な住民票を【楽天証券】に取得してもらう為の委任状
 
この3点を【楽天ネット証券】に郵送いたしました。返送用の専用封筒がついていますのでそれに入れてポストに投函ですから簡単ですね。  
 
ここまでを前回の記事で書いておりました。   その過去記事は→コチラ
 
ここまで済ませて一旦休憩で【楽天証券】からの連絡待ちをしておりましたら
その3日後・・・次のステップへの書類が郵送されてきましたよ~。
 
スポンサーリンク

 
 

■ 特定口座が出来ました

20150710_150646
20150711_141708
 
さっそく【楽天ネット証券】のトップページにアクセスし、郵送されてきた【ログイン情報のお知らせ】を見ながらログインし、新しいログインパスワードに変更します。
 
そして取引暗証番号や金融機関口座情報を登録し、手数料コースや配当金受け取り方法をチョイスしたら、もうOK。
 
これでいつでもネット上から【投資】のお取引が出来ます。
 
ここまで郵送されてきたお取引ガイドを見ながら、サクサクっといけますよ~。
 
 
 

■ 【NISA口座】と住民票代行取得サービス

さてワタクシ、この【特定口座】を作るところまでは完了しましたが、今回【NISA口座】もあわせて口座開設依頼しました。そして【NISA口座】を使って【投資積立】をはじめる予定ですので、あと少し時間がかかりそうです。
 
というのも【NISA口座】はおひとり様おひとつ限定の税制優遇口座ですので、証券会社が税務署に確認をとってからの口座開設となるんですね。
 
それにワタクシ、【NISA口座】開設に必要な住民票を、証券会社が無料で代行取得してくださるサービスも利用しましたので、そこらあたりでも少々時間がかかっていると思われます。
 
ココの点は自分で住民票を取得して証券会社に送付すると、NISA口座開設までの時間はグッと短縮されるようですが、使えるサービスは使ってみようかなと思いましてね、この【住民票取得代行キャンペーン】を利用してみました。
 
この口座開設までの待ち時間を有意義につかって、お取引ガイドやもろもろの書類を読み込んだりなんかしてみようと思っています。のんびり待ちますか~。
 

■ 小っちゃく買ってじっくり育てる

ワタクシがはじめようとしている【投資信託】の小っちゃいやつ【投信積立】は【楽天ネット証券】ですと、¥1、000-から買うコトが出来ます。
 
少ない金額ですが、自分自身【投資】というモノを全く知りませんので、お勉強しながら少しずつやっていくには最適な【投資】だと思っております。
 
万が一このお金が無くなってしまったとしても、自分の力不足が招いた自業自得と納得できますし、それが少額といえども【投資】というものだと理解しています。
 
これをはじめようと思ったのも、ブログにいろいろな情報をのせてくださるブロガーさんのおかげなんですよね。
 
どうなるかはわかりません・・・でも何かを調べたり学習するコトは、なんだかとってもワクワクする感触を久々に感じております。
 
でもでも、この【投信積立】、【インデックス投資】とも言いますが、かなり楽ちんでお金をじっくり寝かせて育てる方式ですから、世の中に何かがおこっても慌てず騒がずの覚悟さえあれば、けっこうイケると素人ながらワタクシ考えておりますよ。
 
 

 
 

おすすめの関連記事