ぜんぜん似合わなくなっていたワンピース。

 
今日は久々にワードローブ編の記事を書きます。

 
18年前に購入したワンピース。昨年末まで着ていました。それもこれさえ着ていれば安心、みたいな変な自信をもちながら。
 
スポンサーリンク

 
 
しかし、このワンピースを着て最後にお買い物に出掛けた時のコト・・・お店の鏡に写る自分に愕然としました、全然似合ってない。。。
 
色、形、雰囲気、丈すべて✖。あんなに気に入っていて、自分にはぴったりだと自信満々だったのに、時の流れとは恐ろしいものです。
 
結構なショックを受けたことは確かですが、仕方がないですよね~いつまでも同じ洋服が似合うなんてありえないお話しですもの。

 
まぁそこそこお高かったモノなので、着用回数や経過年数のわりには良い状態を保てているとは思いますが
ワタクシ自身が、自分の状態を全然保てていなかったようです、はい。

 
ということで、この度このワンピースを処分することに決めました。

 
一応ブランド品と呼ばれるメーカー作ですので、以前ブランドバッグをお買取りしていただいたお店に、問い合わせてみようと考えております。
 
でも、衣類ってどうなんだろう・・・ちょっとわかりませんが、ダメもとでね。

おすすめの関連記事