日本という国の【年金制度】に不安も不満もたくさんだけど、未来に繋げていく責任は一人一人にあるはず。

年金関係のニュースって、あまり聞きたくないですよね~

いいお話なワケがないですから。そしたらやっぱり

年金支給額3年ぶり引き下げですって。。。

こんなニュース、3年に1度が2年に1度になり、毎年になり、半年に・・・あぁぁ~心細い。

政府も長く働こうキャンペーンや、確定拠出年金拡大キャンペーンなど手を変え、品を変えいろいろな作戦を繰り広げ

今後の受給年齢引き上げや、更なる支給額引き下げのクッション材作りに必死ですけど

ワタクシたち国民は、ついて行けるのかどうなのか、やっぱり不安が募ります。

でも将来の頼みの綱として、枯渇させるわけにはいかない・・・それが【年金制度】です。

 

■確定拠出年金個人型・・・うちの夫、まさかのNG

 
今月から確定拠出年金の個人型がスタートし、今まで確定拠出年金に加入できなかった公務員や、勤務先に企業型があるサラリーマン、主婦まで加入できるようになりました。

これはこの先、年金の支給額の更なる引き下げなどのマイナス材料の対応策として

ぶちゃけ
自分のお金を自分で運用して増やしましょう
って制度です。

加入できる金額に制限はありますが、所得税や住民税が控除になる特権付きです。これはやり様によっては、かなりおいしい制度に違いないですし、大きなリターンを得られる方もいらっしゃると思います。

でもよく調べて駆使できる方、そうでない方、いろんな方がいらっちゃいますからね~ここにも格差が出てきちゃうんでしょうね。

スポンサーリンク



うちの夫の勤務先には、確定拠出年金の企業型がありますので夫も加入しておりました。

それプラス、今回の新しい制度のスタートに乗って、個人型にも加入しようと思いましてね、夫に勤務先の総務課に確認にいってもらったんです・・・と言いながら

確認とは建前で、絶対大丈夫だと思っていたので、『個人型やっちゃうからね~』という総務の担当者さんへの軽いジャブのつもりでもあったのですが

そしたら

まさかのNG。

勤務先の規定により、企業型のみの加入しか認められておらず、今後も規定を変更する予定がないので・・・との回答。

証券会社から申し込み用紙まで取り寄せていたのに~
ぜぇ~ったい大丈夫だと思って、やる気マンマンだったのに~
なんでぇ~自分でお金出すんだからいいじゃんねぇ~

延々ブーイングが止まらず、夫にうるさがられましたが

残念で仕方ありません。
 

■もう持たない?残念な発信に思うコト

 
近頃のお若い方々は金融のコトについて本当によくお勉強されているな・・・とブログなんかを拝見させていただいて思うコトが度々あります。

それプラス節約など賢い暮らしの知恵・・・もうなにも怖いものなんてないんじゃない?と感心するばかりですが

そんなブログの中に

『年金制度はもうダメだ』
『年金制度はもう持たない』

こんなフレーズを見かけるコトがありましてね

ワタクシ、その度とっても残念な気持ちになるんですよ。

もちろんワタクシも、今の年金制度に不安を感じている一人ですし、日本国民で安心出来ているヒトなんて少ないと思うのですが

でも今、年金を納め制度を支えている現役世代から、こんな発信があっていいんだろうか・・・。

『年金制度はもうダメだ』『年金制度はもう持たない』という言葉は

裏を返せば『日本はもうダメだ』『日本はもう持たない』と言っているのと一緒なんじゃないだろうかと、ちょっと腹立たしささえ覚えてしまって。。。

確かに年金制度はジリ貧なのかもしれないけれど、なんとか支えていこう、後世にいいカタチで残さなければ、そうワタクシは願いますし

それをするのは一人一人のチカラです。

『もう持たない・・・』という発信を受けて、じゃあもう納めない、と考える人がいたとしたら・・・。

財政のことも含め、国のやっていることはワタクシには難しくて分からないことだらけですが

それでもワタクシは日本という国に生まれて良かったと思っておりますし

不安もあり、不満もあり、文句も時々言いつつ

それでも日本という国を信じていきたいと思うのですが、そんな考えは甘ちょろいでしょうか。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事