モノを減らして思うコト。

 
お家の中を片付け、要らないモノを処分しはじめて1年と少しがたちました。

 
家具などの大物はほんの少ししか減らせていませんので、劇的に環境が変化した感じはいたしませんが、モノは確実に減りました。
 
その結果、収納内はユルユルで開けたら見える的な状態・・・快適です。
 
スポンサーリンク

 
これによって幸福度が上がったかどうか、となるとほとんど変わっておりませんけど・・・ワタクシの自己満足だけですね。
 
でも、ゴチャゴチャした状態には絶対に戻りたくありませんので、モノの取り込みには慎重になりました。ここはかなりな進歩だと思います。

 
先日、実家の母からお電話があり、叔母がバッグ要らなくなったのをワタクシにあげたいから、持って行くっていったてよ~と言われて激しく拒否しましたが、母はカドが立つから、見るだけ見て1個だけもらってあげて~って・・・めんどくさいなぁとか思ってしまうのですが。。。
 
たぶん少したったら処分になっちゃいます。

 
お話が逸れましたが、そんなに変わらない暮らしの幸福度でも、なんだか未来が明るい気がしています。
 
先のコトなんてわからないけど、でも少ないモノで小さく暮らす試みに、なんとなく可能性を感じるからでしょうか。
 
何かとバタバタとしていたワタクシも、少しくらいペースダウンしたところで、こなせる日常のコトにたいして差がない事にも気付きましたし
 
これも断捨離効果というものなのかもしれません。
 
たくさんのモノに囲まれていても、毎日の暮らしで実際に使っているモノなんて、そのうちのごく僅か・・・ここからはゆっくりと心地の良いところをめざして進めたいと思います。
 
師走を迎えるというのに・・・と焦ったところで、新年は誰にでも平等にやってきますよね。

おすすめの関連記事