未来の資産作りの為、株価低迷の今こそ【投信積立】。

 
相変わらず、株価は低迷、円高も続いております。

ワタクシの【投信積立(インディックス投資)】はと言いますと、元本を12%ほど割っております・・・。日経平均連動ですから当然。。。

でもこれについては全然問題なしですし、想定内。
今【投信】をお金に変える予定など全くございませんので、今後もこのままコツコツ積立を続けます。

本当ならこの株価が下がっている時に、お金をつぎ込んでドンと買えるといいのですが、そんな余力はございませんので、月々少しづつの買い足し路線です。

株価が下がっている時に買った投信は、同じ金額でも口数をたくさん買うコトが出来ていますので、先々株価が上がった時に大きな実りとなってくれます。

ですので、その時をお楽しみに、出来れば株価低迷がしばらく続いて、その間にコツコツ積立出来ればいいなと思っておます。

ワタクシは【投信積立】をはじめて半年ほどですので、今この時の株価低迷で、元本を割るという事態に陥っておりますが、こういった【投資積立】を17年以上続けておりますと、株価が下がっても元本割れは起こさなくなるんだとか。
とても長い期間ですが、このくらい時間をかけて、コツコツ育てた【投信積立】は、多少の株価の上がり下がりには、ビクともしない資産に育つということですね。これが時間を味方につける、ということなのでしょう。

経済は波があります。その波が上がった時、下がった時それぞれで投資を続けておりますと、リスクが分散され、長期でみると大きくは勝たないけれど負けない投資が出来る。そしてそれが資産になる論理・・・信じています。

でもこれはあくまでも、時間を分散してコツコツ購入する【投信積立】で出すうま味。

反対に、株を大きく短期で売り買いする【アクティブ投資】は、上手くやって大きく利益を上げている投資家もいますが、ものすごく難しい世界・・・ワタクシの様なド素人は、そこには一生近寄らない方が賢明だと思っています。

【投信積立(インディックス投資)】と【アクティブ投資】は似て非なるモノです。

さて【投信積立】をはじめて1年を迎える、今年の夏頃には、もう少し月々の投資額を増額しようかとワタクシ計画中。

放ったらかしで、コツコツ少額を買い続けることだけをやっていければ、【投信積立】はきっと強い味方になってくれると思います。

安定した、未来を見据えた資産を作るなら【投信積立】・・・なにがあってもコツコツです。

最後に、投信の口座を作る時は手数料のお安いネット証券会社へ。楽天証券、セゾン投信、SBI証券などなど他にもたくさんございます。
ちなみにワタクシは楽天証券を使っていますが、セゾン投信は初めての方にはおススメだと思います。

銀行や証券会社の店頭では、手数料がお高い投信をおススメされますので、くれぐれも投資入門の方はご注意ください。

ワタクシは、【投信積立】をはじめるにあたり

コチラの本を熟読いたしました。大変分かりやすく投資の世界に導いてくれます。迷子になるコトもないと思いますよ。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事