ミニマリスト的お洗濯感覚。

 
6月だというのに、オーバーコートの暑苦しいお話でなんなんですが・・・

 
オーバーコートをクリーニング屋さんに持って行った時のコト・・・
お店のおねえさん  『デラックスクリーニングはいかがですか?』
ワタクシ      『普通でお願いします』
 
お店のおねえさん  『では普通コースのドライクリーニング、オーバーコート1点で
           ¥2、160-になります』  

普通でもお高いなぁと思ってしまう、ケチくさいワタクシ。
 
 
 

■ クリーニング離れ

ワタクシはおしゃれ着や冬物のニット類もほとんど【シャボン玉スノール】の洗濯石けんで自宅洗いしますので、1年を通してもクリーニング屋さんのお世話になるコトって本当に少ないんですね。洋服もものすごく少ないですけど。
 
クリーニングに出すとすれば、こういったオーバーコートくらいなモノで、それも出すのはワンシーズンに1回。
 
激しくクリーニング離れが進んでいる我が家ですが、こういった素人にはムリなモノはクリーニング屋さん頼みなワケですし、クリーニング代はそれに見合ったお値段なんですから、お高いなんて文句はNGですよね。
 
スポンサーリンク

 
 

■ 経験が腕を上げる

夫はスーツを着る職種ではありませんし、ワタクシも完全専業主婦で洋服は【オールカジュアル】。
 
それにお洗濯表示が手洗い✖でも、素材をよく見るとほとんどのモノは水を通してのお洗濯が可能ですので、少し手間はかかりますがほとんどの洋服は自分でお洗濯しています。
 
完全手洗いだったり、手洗い&洗濯機だったり、洗濯機弱洗いで様子を見ながら付きっきり洗いだったり・・・。
 
過去、大きな声で言えないお洗濯の失敗はありますが、その経験を踏まえ、最近のワタクシはかなりお洗濯の腕は上げたはず・・・。
 
失敗は成功のもとです。。。
 
 
 

■ お洗濯をイメージする

これからますます、洋服を購入する時は、簡単に洗えそうかな~大丈夫かな~そこんとこ気にすると思います。そしてミニマリスト的ワードローブ作りと完全自宅洗いの両立をめざします。
 
洋服を購入する時は、購入後のお洗濯のコトもちょっとイメージしてあげるといいかもしれません。
 
自分でちょっと手をかけてお洗濯をすると、洋服に一層の愛着がわきますよ。
 
我が家の少ない洋服たちは、98%自宅洗いです。
 
 

 
 

おすすめの関連記事