ミニマリスト志望のワタクシが、一番苦手なコト。

ミニマリストって変人?

ある意味そうかもしれません。

ミニマリストをめざすワタクシの一番苦手なコトは

ヒトからモノをいただくことコト

人様の行為を笑顔できっぱりお断りするのですから、変わったヒトと解釈されることもあります。

お祝い返しなどの儀式的なモノは、苦手とかイヤだとか、考えずに感謝していただきますけど。

唯一叔母だけでしょうか・・・好みが合致するので、時々バッグなんかをいただいたりしますが、それでも違うと思った時は、お断りします。

実家の母は心得たもので、宅配便で送られてくる荷物の中身は、食べ物オンリー。

以前は洋服なんかもありましたが、処分されるだけだと気が付いたようで、今はなくなりました。

友人からの誕生日プレゼントなどは、年齢とともにやり取りがなりましたね。。。

スポンサーリンク



ワタクシがめざすミニマリスト的な暮らしは、モノが少ないというより、気に入ったモノだけに囲まれてくらしたい、という願望。

お値段の高い安いではなくて、気に入ったモノ。

たくさんは要らないから、これはいいぞぉ~というものだけに囲まれて暮らしたい。

でも現実はまだまだ。

気に入っているワケではないし、イマイチだけど、生活の為に必要なので所有している・・・そんな存在がたくさんあります。

それらを一つ一つ気に入ったモノに買い替えていくには、お金がかかりますしね

こわれたり、汚れたり、傷んだりして使えなくなったら順次買い替える、とそんなのんびりモードで、今はミニマリストをめざいしているワケなんです。

そんな暮らしをめざし始めた頃は、使っていないモノやいらないモノをどっかぁ~んと捨てまして、その中にはいただきモノがたくさんありました。

そのいただきモノを処分するのは、やっぱり心が痛かったですね。でも、暮らしを変える為にがんばりましたっけ。

そんなコトを乗り越えて、今は日々スローに片付け生活を送っておりまして、こんなペースなら、理想の生活は一体いつ完成するのか先が読めませんが

めざすところは小さく暖かく・・・と明確にイメージが出来ているので、いつかは実現・・・そんなふうに思っております。

ヒトそれぞれ、いろんな暮らしのカタチがありますし、ミニマリストと一口に言っても求めているところや、実践している暮らしは様々です。

何が正しいワケでもなく、それぞれに心地イイ暮らしが手に入れば、それでOKですよね。

そんなふうに思いながら、今後もできるだけ【いただかない暮らし】をしながら、自分なりの心地イイをめざしていこうと思うワタクシです。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事