想い出の品の整理と収納。それは1箇所だけ・・・とっておきだけ。

写真、手紙、パンフレット、記念品・・・想い出の品はいろいろあります。

特に昔の写真はデータ化しておりませんので、膨大な量・・・そして結婚式などの、豪華なアルバムにされたゴツイもの。

感動した映画のパンフレットや、旅行先で手に入れた細々したモノたち。

友人からの手紙。。。

それらをとっておくことで、思い出を大切にしているつもりでいましたっけ。

20131026_124721

これでも1年に1度は中を見直して、かなりな量を減らしてきました。

でも収納ケースからはみ出ているし、ここだけではなく、他の場所にも散らばっているので、キチンとまとめたいな、と思っていました。

スポンサーリンク



 

想い出の品たちを集結

そこで

あちこちに散らばっていた想い出の品も、全てこの場所へ集めてきて、

img_1336
収納ケース、大きいのに入れ替えたら、なんだか増えちゃったみたいでしょ?

でも、これで正真正銘想い出の品は、ここ1か所となりました。

最近の画像は全てデータ化してますので、今後は紙として増えることもないですし、持ち帰るパンフや品物もよく考えてほどほどにしています。

今後はもっとこの中身を減らしたいと思っていますし、写真類は大きなアルバムから小さなフォトブックに整理した方がいいな、とも考えていますが

今はまだこの量とカタチが限界・・・ということで。

 

そこには、とっておきだけを詰める

これからの季節、空気も乾燥して、仕舞いこんだものを開けて風を通したり、整理するのには最適です。

そして、その思い出の品の箱には、とっておきの良い思い出だけを詰めておく・・・けっこうステキかな、と思います。

秋は思い出の品たちを見直す日、作ってみませんか?

見入ってしまって進まなくなることも覚悟しながら・・・でもけっこう楽しい作業です。

忘れられない思い出は、モノをなくしても心に残ります。

そんな心の中の想い出には、たくさんのヒトが登場します。

そのヒト達がいたから、忘れられない思い出が出来ました。

そのひとりひとりに感謝しながら、今を生きます。

幸いに人間は忘れることも出来ます。イヤだったこと、辛かったことは、少しずつ薄めながら今後を歩めたら・・・そんなふうに思っています。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事