なにもいらないと思える自分に。

 
人は両親はじめ、成長過程で関わる人間の価値観に影響を受けながら育ちます。

 
それは躾、教育と呼ばれるものと隣り合わせで、それが両親ともなると、その価値観をそのまま受け継いでいても不思議はありません。
 
その価値観の中の金銭感覚は、子供が成人し自立し生きていく過程で、どんな生活を作り上げていくかを左右しているような、そんな気がいたします。
 
スポンサーリンク

 
ワタクシの母はどちらかというと見栄っ張りで、モノをたくさん持ち、一言多いタイプ。人よりちょっと抜きに出たい・・・という特性がそこに表れているように思います。
 
そんな母に育てられたワタクシは、そのまんま受け継いでしまいましたね~でも心底それが自分ではなかったようで、年齢を重ねるごとに違和感を覚え、ここ数年でその殻を破り、今は価値観再形成中です。
 
モノにあまり執着しない夫の影響も大きかったと思います。そう思うと結婚って違う価値観を取り入れられる絶好の機会なんでしょう。

 
あれもこれも持っていなさい、イザとなったら困るんだから・・・そんな母の言葉を信じていましたが
 
そんなの邪魔だし、重いし、息苦しいし、イザとなったら買いに行けばいいし・・・母にそう面と向かって言えるようになり、今は自分のしたい暮らしをめざしています。
 
大切にしていたけど、もう使わないから、と母がワタクシに持ってきたモノも、要らないモノ、興味のないモノは受け取ってから即処分。ここで断ると母は持ち帰り、また仕舞い込みますのでこの方法をとっています。別々に暮らしていますから、黙っていればわかりません。
 
母に限ったことではないなぁ~いただきモノのほとんどは処分の憂き目です。ワタクシにお心遣いをくださった方々、申し訳ございません。

 
最近思うんです。どんな自分になりたいかっていったら、何もいらないと心の底から思える自分になりたい・・・と。
 
でもワタクシは全然ムリ。欲望も煩悩も意地汚さも自分の中に充分存在していますから。
 
どんな修行をしたら、立場もモノも、お金も何もかもいらない・・・ただ人から信頼され、頼りにされるコトだけに幸せを覚える人間になれるのでしょうか・・・ワタクシ最近、ちょっとヤバくなってきているのかもしれません。。。

おすすめの関連記事