片付け、断捨離停滞中。

 
最近、お家の中の片付け、断捨離が停滞しています。

 
モノを取り込む、という行為に関しては、自分なりにかなり慎重になったな、とは思っておりますが、お家の中のモノを減らしていくという、1年半ほどかけて進めてきたコトのペースが微妙になってるんです。
 
スポンサーリンク

 
 
それは片付け、断捨離自体がまずまずのところまで進んだとうことと、ここから先は今まで以上に自分自身とキッチリ向き合わないと進まない段階まできた、ということなのではないかとワタクシなりに分析はしているのですが。。。

 
今、お家の中に残されているモノのほとんどが、片付け、断捨離の関門を数度くぐり抜けて、残ったモノたちですので、ここからの片付け、断捨離のハードルが高くなるのは当然です。
 
片付け、断捨離をはじめた頃のボカスカ処分というワケには、なかなかいかなくなるのは仕方のないコトですが
 
なかなか次の段階への着手に踏み切れないのは、自分でもじれったい気持ちです・・・時間はあるのに。
 
お家の中に今あるモノ全部が、これから先もずぅ~とこのままあってもいいですか?ときかれたらNoです。ってことは間違いなく断捨離途中ですね、我が家は。

 
一日ひとつ捨てます・・・とブログに記事にしながら、記録してらっしゃる方がいますが、それってすごいコトですよ~ワタクシなんて最近は、生ごみと破れたTシャツや靴下しか捨ててませんから。。。

 
片付けや断捨離とうものは、自分の意志で行うことですから、途中でお休みしたり、止めたりするのももちろん自由です。
 
それにどこまでやるかも人それぞれですから、ここで完成、ということで終了することも出来ると思います。

でも暮らしは常に動いておりますし、気持ちも好みも変化します。いいなと思っていたモノも、良くなくなるコトもあります。
そういったコトも含めて暮らしですので、そのへんを柔軟に対応しながら、小さな暮らしへの意識を持ち続けて過ごしたいと思っております。
 
今はちょっとした壁にぶち当たっていますが、小さな暮らしをめざすコトがイヤになったワケではなく、ちょっとした険しさを感じちゃってるからなんでしょうね・・・この記事を書きながらそう思いました。

 
全ては自分なりの快適な暮らしを見つける為にやっていることですから、またエイと取り掛かれる時も近いと思っています。

 
ここまでがんばってきたんですから、まだまだがんばれます、きっと。

おすすめの関連記事