サラリーマンの奥様も、お仕事をお持ちの奥様も、今一度ご確認を・・・所得税【還付申告】の受付は既にスタートしています。

 
収入があれば、ついて回るのが【所得税】。
所得税の【確定申告】の受付は毎年2月16日から3月15日まで。もちろん税務署で、ですね。

確定申告は個人事業主の方や、不動産収入や雑収入があった方、サラリーマンでも2,000万円以上の年収や二か所以上からの収入がある方などが、しなくてはいけません。

この申告で昨年の所得税を清算し、今年支払う住民税が確定するのです。

また、サラリーマンで、勤務先での年末調整で所得税の清算が済んでいても、住宅を取得し住宅ローンを組んだ最初の年は、住宅ローン減税の手続きを
また医療費の支払いが、所得に応じて一定以上あった方は、個人で【還付申告】の手続きを税務署にすることで、所得税の還付が受けられます。

この【還付申告】の手続きの受付は、年明けから既に始まっています。

 

スポンサーリンク



 
我が家は夫がサラリーマンですので、所得税の年末調整は勤務先でしていただきますが、医療費の還付申告に関しては、個人でしなければいけませんので、1年間の家族分の医療費の領収書をとっておき、この季節になると、昨年分の医療費が全部でいくらだったかを計算します。

IMG_0518

総所得金額が200万円を超えた場合、1年間の医療費の合計が10万円を超えると、還付申告の対象になります。

総所得金額が200万円未満の場合は、総所得金額の5%になります。例・・・総所得金額が100万円の場合、医療費が5万円を超えると【還付申告】の対象になります。
ご夫婦共働きの場合は、ご主人、奥様どちらで還付申告を受けるとお得か、考慮の余地ってあるかもしれませんね。特にパートタイム勤務で、所得税課税の対象になっている奥様などは、ご確認を。

我が家は、今まで医療費で還付申告を受けたことはありませんが、昨年1年間でどれくらい医療費を支払ったか、電卓をたたいてみましたところ

合計¥59,375-。ちょっと多くてビックリでした。

還付申告があるほど、医療機関にかかったり、お薬が必要だったりといったわけではありませんでしたが、年々増えているような気がしますね~健康だけが取り柄の夫婦だったのに。

今後もちゃんと、医療費や売薬の領収書は保管し、税金を戻していただける場合は、手続きをしようと思っています。

ふつ~に暮らしている小市民ですから、そこんところは抜かりなく、キッチリしたいですし、そんな税に関する法律もコロコロ変わりますから、今の制度を知っておくためにも、毎年しっかり確認していかなくては・・・だって日本国民ですものね。
 

スポンサーリンク



おすすめの関連記事