毎月の家計を丁寧に考える・・・その積み重ねが、未来の暮らしとお金を左右する。

 
先日、食料品のお買い物ついでに、洋服屋さんをちょっと覗いてみました。

何か買おうとか考えていたワケではありませんでしたが、なんとなく。。。
 
 
 

■ よくわからない動悸

お値下げになっているものなんかもあったりして、へぇ~とか思いながらブラブラ。
で、靴下がワタクシの目が留まる・・・定価¥800-の靴下に【30%off】のシールが貼られているではありませんか。
 
素材もなかなか良さそう・・・お色が白や黒のシンプルなモノから、ラメ入りなどの凝ったモノまで種類も豊富にあって選べる・・・これは買っておこうか、と考えた途端、ワタクシ動悸がしてまいりましてね。
 
心臓悪いワケではぜっんぜんないんですよ~毛が生えてるんじゃないかと思うくらいですから。
 
そんな動悸を、久々のウインドウショッピングのワクワク感なんだと自分に思い込ませて、靴下を手にとってマジマジ見たりなんかしていたのですが、やっぱりバクバク。
 
えぇっ~と、手持ちの靴下のお色が~とか考えても動悸が治まらず、結局そのままその場を後にしたワケなんです。もちろん靴下を買うことは断念しました。
 
スポンサーリンク

 
 

■ お買い物をしてはいけないサイン?

その後、ワタクシの心臓は問題なく極めて正常なのですが、あの時の心臓バクバクってなんだったんだろう、って今でも考えます。
 
もしかしたらお買い物することに体が拒否反応を示しているとか、危険を察知しているとか。
 
結局靴下を買わなかったのは正解で、普段履き、お外履き、ちゃんとあるんです。別に買わなくても困らないんです。
 
それなのに手に取って、30%offに心惹かれ、ほとんど買うつもりになっていたワタクシ。動悸に止められましたね。。。動悸よありがとう、じゃないですが。
 
お買い物から少し遠ざかっていて、久々で緊張したとか・・・そんな可愛げって自分にあったかは激しく疑問ですが。
 
 
 

■ 予定外のお買い物は✖

今月に入ってから購入したモノ・・・ありません。
 
処分したモノもありませんので、威張れたことではありませんが、こうやってモノを買わないコトが普通になりつつある生活は、なんだかいいなぁと思います。
 
それに動悸にお買い物をとめられたコト、けっこう自分の中で笑い話っぽくて忘れられないんですよね~。これから何か買おうと思った時、思い出してしまいそうです。
 
靴下くらい買ったっていいんですよね~それも¥800-が30%offで¥560-なんですから。
 
でも気をつけなくてはいけないのは、ブラブラしていて見つけたっていうことだと思うんです。
 
靴下買う予定なんかないのに、たまたま30%offを見つけてしまった・・・それで買おうかと思う・・・これダメね。
 
手持ちの靴下がそろそろヤバくなってきたな~来月くらいには新しいの買ったほうがいいな・・・で翌月の被服費から買う・・・これが正しい。
 
 
 

■ 小さなコトの積み重ね

自分の持っているモノの状態を、どんな小さなものでもキチンと把握していれば、傷んで買い替えが必要なモノにすぐ気が付き、来月のお金の計画が立てられる。
 
これが正しい家計の在り方でしょうね。細かなコトですが、こんな意識の積み重ねが、未来の暮らしとお金のコトを大きく左右するのかもしれません。
 
主婦歴17年・・・わかっているつもりですが、セール品に心惹かれて動悸で仕方なく退散・・・それがなかったら買ってたんでしょうね、30%offの靴下。
ワタクシまだまだなんだと思います。
 
 

おすすめの関連記事