【投資】の為の【ネット取引口座】と【NISA口座】の開設・・・選んだ証券会社はココ。

 
【投資】を始める為、ネット証券会社に口座開設の申し込みをいたしました。

 
【投資】と言いましても、ワタクシがやろうとしているのは、月々少額を積み立てていくタイプのものなんですが
評判の高い【SBI証券】や【マネックス証券】などと、散々迷ったあげく選んだのは
 
【楽天証券】!
 
 
 

■ なぜネット証券の取引口座なのか

今回、証券会社のネット取引口座を選ぶにあたり、ワタクシいろいろ調べましたよ~。
 
まず【投資】の為の取引口座をなぜネット証券の口座にするかといいますと、それは
【手数料が安い商品を選びやすい】・・・これが一番の理由です。
 
取引には購買時手数料、信託財産留保額、信託報酬額など手数料がつきものです。
 
【投資】はお金を増やすコトが最大で唯一の目的ですから、経費は出来るだけ安いにこしたことはありません。
 
その手数料を抑えるのが【投資】の基本ですが、実店舗の金融機関の営業さんは手数料お高いのガンガンすすめるとか。。。
 
そういったところにワタクシ【投資】目的で足を踏み入れたことはありませんが、ド素人がセールスの圧力にさらされないためにも、証券会社のネット取引を選択するのは賢明のようです。
 
これは本やネットの情報から学びました。
 
ということは【投資】というものは、やっぱり自分で学習するしかないんですね。
 
 
 

■ 証券会社選び

20150703_143701
 
さて一番肝心なところ、なぜ【楽天証券】にしたのか、なのですが、評判の高い証券会社はいろいろあるんですよ~その中から選ぶにあたり
 
運用商品のラインナップや、新しい商品を取り入れる早さなど、そのへんがその会社の特色なのですが、自分が【投資】をどんなふうにやっていきたいかなどと照らし合わせて選ぶのがいいと思います。
 
でもワタクシは、まだそんなにわからないですから
 
あとはもうwebサイトを見て、自分が使いやすいと感じたり、直感だったり、ちょっとした口コミだったり、そんなところから選んだといった感じでしょうか。
 
キャンペーンや、ポイントサービスなども顧客獲得の為にいろいろやっています。複数の証券会社に口座を作っても銀行と同じで全然問題ありませんが、今回ワタクシは【NISA】の口座も同時に開設予定でしたので、結構迷いました。
 
その【NISA】につきましては、次の巻で。。。

 
スポンサーリンク

 
 

■ 【NISA】という税金優遇制度

今回はじめて証券会社に口座を開設するとともに、【NISA】の口座も一緒に申し込みました。
 
【NISA】はおひとり様1口座まで。世の中に自分の【NISA】口座はただ一つです。
 
【NISA】(少額投資非課税制度)は一人100万円までの運用元本に対して、向こう5年間、配当金、分配金、売買益にかかる税金を免除する制度・・・日本に住む20歳以上の方であれば、だれでも利用できる制度です。
まともにいったら税金が20.315%もかかってきますからね~。
 
この制度は今後利用枠の拡充など政府において検討されているそうですので、気にしておいた方がよさそうです。
 
【NISA】口座の開設には、住民票の写しが必要ですが、今、楽天証券では、口座開設キットと一緒に贈られてくる委任状に記入して提出すると、住民票を取得代行を無料で行ってくれるキャンペーン中です。
 
自分で住民票を取得して提出するよりも、口座開設までの時間はかかるようですが、お金も手間も徹底的に省くには利用するのもありです。ちなみにワタクシもこの【住民票取得代行サービス】利用させていただきました。
 
 
 

■ あとはトライ!

あとは楽天証券からの口座出来ました連絡を待つばかり。。。
 
待ちながら学習したり情報を集めたり、初心者なりにがんばってみます。そして口座が出来たら、もうはじめるしかありませんね。
 
失敗も成功も、このブログの【投資】記事に綴っていこうと思っています。
 
散々【投資】が恐いとか言っていましたが、ヤル気湧いてます。
 
 

おすすめの関連記事