本当のところの、自分の物欲。

 
無職主婦になり9ヶ月目ですが、自分の物欲の低下に驚いている今日この頃です。

 
お仕事を辞めて、外に出る事が劇的に減ったせいだと思ったりもしましたが、実は自分はそれほどモノが欲しい人間ではないのかもしれない、と勘づき始めています。
 
スポンサーリンク

 
 
要は人の目だったんでしょうね・・・それを気にしてせっせと、洋服やバッグ、靴を買っていたんだと思います。ビンボーなのにビンボーと思われたくなくて、たいしておしゃれじゃないのに、おしゃれだと思われたくて、いろいろがんばってたんでしょう。
 
自分のことながら、ご苦労様って感じです。

 
今、平日はほとんど自宅におります。その時の洋服は過去にも記事にしておりますが、2セットの部屋着をかわるがわる着て、マイペースな過ごし方をしています。部屋着で出掛けるのは近所の郵便局とパン屋さんくらいですから。
 
日曜日は夫と出掛けるコトが多いので、その時は好きな洋服を着て、行きたいところに出掛けます。それもほんの少しの外出着からのチョイスですからラクラク。。。

 
お家の中のモノも減らすことはあっても、何かを足す予定は今のところないですね・・・充分過ぎ。カメラはずっと欲しいと思っていますが、しばらくはスマホでいけますので、いつか買えたらいいなぁくらいに思っています。

 
物欲の塊だと思っていた自分が、人目を気にしすぎる単なる小心者だったことが判明・・・なぁ~んだ、そんなことかぁ、と納得しています。

 
今のワタクシは、なんにも買いたくないわけではなく、本当に欲しいモノ以外は買いたくないだけ。その自分のアンテナに引っかかるモノって、実はそんなに沢山あるわけではないことがわかりましたね。
 
感動するくらい欲しいモノに出合いたい願望はありますけど、なにか買わなきゃ衝動も、買ったら安心感覚もどこかに行ってしまいました。
 
今後、おしゃれを忘れたオバさんにならないように、気を付けていこうと思っています。

おすすめの関連記事