ボーナスは全部貯金!ワタクシの過去の失敗から学んだ、我が家の鉄の掟。

 
さて、来月は夫のボーナス支給月・・・パフパフ~🎵

 
ワタクシ、スズメの涙ほどしかお金を稼げていないのに、夫のボーナスにはワクワクする悪魔のような妻ですが
 
ボーナスの支給日が近づくと、夫は決まって聞いてきます・・・
『ボーナスの遣い道ってもう決まってるの?』と。
 
すかさずワタクシ 『うん決まってる。全部貯金!』とドヤ顔で返します・・・
夫激しくガッカリ。。。
 
年に二度、このやり取りがいつからだったでしょうか、お約束になりました。
 

スポンサーリンク

 
 

■ 不確かなモノをあてにしない

でも、これって当然だと思うんです。というのもボーナスの支給額というのは、会社の業績によって流動するものですし、業績悪化で支給されなくなっても不思議ではありません。
 
夫の勤務先は民間企業ですしね。もちろん支給されないからといって文句なんて言えるものでもありません。
 
最悪そうなったとしても、お給料が下がらないだけいいか・・・とか職があるだけいいか・・・とか思わなくてはいけない、それがサラリーマンですよね。
 
そこを当然の如くあてにすると、もっすごく痛い目をみます。(もっすごく←ものすごくの10倍くらいの意)
 
それがハッピーなボーナスの裏に潜んだ怖さだったりして。。。
 
 
 

■ 失敗から学ぶ

ワタクシは昔、お高い洋服やバッグの支払いを毎月のお給料ではカバーしきれず、ボーナス払い乱発で自転車操業しておりました。火の車の暴走ですから、おっそろしいなんてもんじゃ~ありません。
 
それは結婚してからも続いておりましたが、自分のお給料でなんとかケリをつける努力はしておりました。大きな声では言えませんが、そんなバカなお金の遣い方はその後数年間も続きましたけど、よくもまぁ乗り切れたと思います。
 
そんなワタクシですから偉そうに言えたモノでも全然ないのですが、だからこそ支給金額も、支給されるかも定かではないボーナスをあてにする危険性は、痛いほどわかっているつもりです。
 
もうあんなバカなコトは絶対に、しない、出来ない、埋めちゃいたい。
 
 
 

■ 預金も投資も未来の為

一応我が家も家計の見本的な毎月少しづつの積立て預金をしておりますが、ボーナス支給の月に、ある程度まとまった金額が積みあがると、ホッとするとともに心にゆとりも生まれるものです。
 
最近【投資】に向けてお勉強をはじめたばかりのワタクシです。入口の立ったばかりでしてね~っていうか本読んだり、取り寄せたパンフレットめくっている段階なんですが
 
ボーナスは絶対【投資】にハメ込まない!これは固く決めております。そこにキッチリとした線を引いて、固い貯蓄と、ゆるい投資をバランスを考えながら出来るヒトが今のワタクシの目標です。
 
その為にも学習あるのみでしょうね。
 
そんなコトを考えると、夫がサラリーマンでいてくれることに本当に感謝なんですが、
ヒトの稼ぎばっかりあてにしないで、自分でもちゃんと稼ぎなさいよってどこからか聞こえてきそうですね。
 
 

おすすめの関連記事