【水曜どうでしょう】カメラマン嬉野雅道 著【ひらあやまり】・・・こんな生き方カッコイイ。

 
夫が買ってきた【ひらあやまり】嬉野雅道 著。


北海道のローカル深夜番組【水曜どうでしょう】の嬉野カメラ担当ディレクター(愛称:うれしー)が書いたエッセイです。

夫がまだ全部読んでないのに、ワタクシはその隙を縫って、3回読みました。

他人から見たら何にも背負っていないワタクシですが、実際背負ってないし、はんたい背負われちゃってるんでしょうけれど

でもこれからの人生が軽くなったって感じとでも言っておきましょうか。そんな気分になりました・・・この本。
 
スポンサーリンク

 
 
この【ひらあやまり】・・・どこか一部抜粋してご紹介したいところですが、どこをさがしても切り取れるところが見つかりませんでした。なので引用はしません。

それは全部つなげて読まないと、絶対伝わり切らないし、切り取ると微妙なトコが微妙じゃなくるし、全部読んだ方がいいよ・・・これはそんな本でした。

【水曜どうでしょう】は今は放送されておりませんが、道外でもリバイバルオンエアとかされていたかと思います。

あの北海道が産んだスター【大泉洋】を輩出した北海道では知らない人はいない【水曜どうでしょう】。

我が家には【水曜どうでしょう】DVDがコレクションされています。ほかにもまだありますが
20150608_122247
全部ではありません・・・チマチマ買い揃えています。

このDVDはレンタルがございませんので、ローソンに注文して買います。なぜDVDを買うのか・・・それは【水曜どうでしょう】は何度見てもおもしろいからなんですけど

今は公式サイトから一部見られるようですね。

我が家はこの【水曜どうでしょう】のDVDをキャンプに行って見るのが好きなんです。
夜、お夕食を終えて一杯やる時、ちょっ~と見ちゃうんですが
お家で散々見たDVDを、キャンプ場での夜ですから笑い声をこらえ、お腹を押さえながら見る・・・もうバカ夫婦の出来上がりです。

笑いが変わります。

お話しが脱線しましたが

この【ひらあやまり】・・・【水曜どうでしょう】のファンもファンでない方にも読んでほしい1冊です。

特にがんばっちゃってるヒト、つらくなっちゃてるヒト、ぜひ手に取ってみてください。救われる人・・・きっといるはずです。

 
 

 
 

おすすめの関連記事