冬物の整理と、お気に入りのモノを捨てる決断。

 
少しずつ冬物の整理をすすめております。

 
お洗濯予定の冬用ストールを手に取ると、シーズン中からちょっと気になっていたのですが、毛羽立ちが目立ちはじめ、その毛羽立ちが固まりをつくろうとしてお互いに寄り集まりたがっている気配・・・それも全体的に。
 
よく見るとなんだかモッサリしてて、結構悲惨な感じ。
 
スポンサーリンク

 
 
ストール自体の寿命でしょうか・・・お気に入りだったのでしばらく目のつくところに置いておき考えましたが、やっぱりこのコンディションでは、来シーズン着用は出来そうにありません。
このままお洗濯せずに捨てることに決めました。

 
カシミアで風合いもお色も大きさも、何もかも気に入っていて、大活躍してくれたストール。これを巻くとなんとなく装いがちょっとだけレベルアップした感じにワタクシ的には思っていたのですが
 
風合いも落ち、毛羽立ちと毛玉のなり損ないが目立つこの状態では、巻くだけで貧乏臭くなるばかり。。。イケません。
 
7、8年愛用したストール・・・ありがとう お疲れ様。

 
来シーズンは新しいストールを探すとしますか。

 
冬物のお洗濯は手洗いを基本としておりますので手間がかかり、少しずつしか片付きませんが、お天気の良い日を見計らいながらちょこちょこと進めております。
 
これは洋服のコンディションを確認するにはとてもよい機会になりますし、来シーズン着るのか着ないのか、シーズンオフに入る前のお洗濯の際に決めるのが一番効率がいいと思います。
 
お洗濯して仕舞っておいて、次のシーズンに出してみたけど着ないっていうのはちょっと悲しいですから。。。

 
ワタクシの洋服や小物はホントーに少なくなっていますが、どんなにお気に入りのモノでも状態が良くなければ捨てる覚悟も必要ですし
 
それには決断と、若干の “えいっ” という勢いが必要です。

 
出番も多くいろいろな場面で活躍してくれ、そしてくたびれてしまったお気に入りのモノ・・・感謝して、またこんな上手なお買い物が出来るといいな、と思いながらお別れするのは結構心地のよいものです。

おすすめの関連記事