冬物を手洗いして、ふんわり仕上げる。

 
そろそろ、冬物のお洗濯をはじめます。

 
ワタクシのオーバーコート1着とスカート1枚以外はすべて、手洗いをします。
 
洗剤は、こちらの
20140926_144332
【シャボン玉 スノール】を使いますよ~。

 
この【シャボン玉 スノール】を使うと、日常の普通の衣類の洗濯機でもお洗濯から、おしゃれ着の手洗いまで使えますので、ほぼすべてのジャンルのお洗濯を網羅できると言ってもいいと思います。
何種類も洗剤を常備する必要がなくなるんですね~そんなところも気に入っております。
 
スポンサーリンク

 
 
この石けん洗剤を愛用するようになってから、特にコットン素材のモノや、セーターやマフラーなどのウール類がとてもふんわり仕上がることが気に入り、クリーニング屋さんのお世話になるコトが、めっきり減りました。

 
手洗いは手間はかかりますが、ドライクリーニングと違って水と通したお洗濯は、洗い上がりが本当に気持ちいいので、結構やみつきになっております。衣類を購入する時は、素材とお洗濯表示を確認しますが、手洗い✖表示でも、ほとんどのモノが洗えることが経験からわかってきました。
 
素材を触ってみて、手洗いちょっと難しいかも、と思ったモノは、よっぽど気に入ったモノ以外、ちょっと購入を考えてしまいます。

 
お洗濯の際、あまり嵩張らないモノは洗面台で洗いますが、ちょっとした大物は、洗濯機の洗濯層に洗濯液を作り、手でやさしく挟み洗いしたり、振り洗いします。洗濯機に両手を入れて、腰を曲げての作業ですのでちょっと辛いですが。。。
 
洗濯機の脱水機能も秒単位で使ったり、あれやこれやと楽ではないのですが、ふんわりの洗い上がりを思うとやめられません。

 
あ~でも今までに、数回失敗もありますね~セーターやカーディガンが小っちゃくなってしまったことがありましてね。。。
 
お洗濯の際、最初から最後まで。水(ぬるま湯)の温度が同じくらいなのが理想のようなんです。
ここが違ってくると、小ぶりな出来上がりになってしまうので注意が必要です。
 
夫のお気に入りのカーディガンを小っちゃくしてしまった時には、今後はクリーニングで・・・とお願いされましたが、今もこっそり手洗いしています。

 
一度にたくさんのお洗濯はできませんが、少しずつ楽しみながら、来年もよろしくね~な気持ちで丁寧に仕上げると、洋服たちもよろこんでくれる気がします。

 
20150401_121923
 
さて、今日はセーター2枚ほどいってみましょうかね。

おすすめの関連記事