断捨離、片付け、ときたら次に手を出すコトはコレ。

モノを少なくして、スッキリとしたお家の中に目覚めると

スキンケアもシンプルケアにシフトする・・・そんなヒト多いです。

お家の中のモノ同様、スキンケア用品もお化粧品も少ないのがカッコイイ。

ワタクシもそんなふうに思い、お家の中を片付け始めたと同時くらいに、角質培養&若干肌断食の世界に飛び込みました。

お肌をあまり触らず、最低限のお手入れでお肌を強く元気にキレイにしましょう。

使うのはホホバオイルだけ、とかプラスしてもシアバターくらいとか。

これねぇ、ズボラさん、節約家さんにはうってつけ。

手間もかからず、お金もあまりかからないときてるんですから・・・それでキレイになれる?

こんないいことないじゃないですか~それならやらない手はございませんよね。

ワタクシ4年くらいやりました。角質培養&若干肌断食。

スキンケア用品やお化粧品にお金をスッゴクかけてるのに、全然キレイじゃないお肌になっていましたので、今までのお手入れ方法は全て間違っていたんだ・・・そんなふうに考えました。

スポンサーリンク



お肌にイイコトしてたはずなのに、どうして?

角質培養はお肌が汚くなる初期を乗り越えると、お化粧崩れや吹き出物などのトラブルが減り、色も白くなったような、ほうれい線が消えたような

いろんな変化が起こります・・・というかそんなふうに見えます。

おぉ~角質培養万歳!

でも、4年もそんなコトをした結果、角質ゴワッゴワ。

角質をはがそうにも、過去のお手入れしすぎの角質がないペラペラお肌がトラウマで剥がせない。

角質剥がすなんて自殺行為とおんなじって思いこんでる。それが貯まりにたまってゴワッゴワ。

そのゴワッゴワのお肌にお化粧のっけて、今思い出しても恥ずかしい。

でも自分では汚いなんて思ってなかったのですから、もう手に負えない事態だったんですね。

精神的にもちょっとおかしかったのかもしれません。

そんなワタクシのお肌の奥では乾燥が急速に進んでいたようで、気が付いた時にはシミが出来ておりました。

それを発見した時、なんでだ?何が悪かったんだ?角質培養で絶対お肌は良くなるはずなのにどうしてだ?

結構パニックでしたね。ムンクの叫びの気分。

完全なる敗北でした。

今も抱える角質培養の後遺症

そのシミは今も右目尻にあります。

今はもう角質培養&若干肌断食を止め、というか降参して

SK-2の化粧水とクリーム2品のお手入れをしております。

クレンジングミルクも時折洗顔料も使い、上手く角質と付き合う、というコトを徐々に感覚で覚えつつあります。

そしてそのシミも少しだけ小さく薄くなりました。それでも消えたワケではありません。気になる憎っくきシミ。

これはもう痛恨の極みでしかありません。

が、今はまぁそこそこシンプルなお手入れで、ほどよい潤いと、年齢相応のくたびれ感に落ち着きましたけど

正直たくさん後悔してますね~

でも自分で選んだ道ですからね・・・自分のお肌、しっかり受け止めます。

情報過多の中で、大切なコトは

今どきのお化粧品は、成分がどうこうとかいろいろ言われています。

でも年齢と共にお肌はどんどん衰え、放っておくとキレイではなくなります。個人差ありますが。

それを食い止める為には、化学のチカラはやっぱり絶大。

ワタクシも女子ですから、そこそこキレイでいたいですもの。

この世の中には、いろんなモノがあって、お金を出せば何でも手に入ります。

お店に行けばなんでも勧められます。あれもこれも買うとお店の方にやさしくチヤホヤされます。気持ち良くなります。

でも自分のお肌には何をつけて、何がいらないのか選んでいくコトが大切。

自分がどうありたいのか、どんなふうでいたいのか、生きる姿勢も、お金の遣い方も、なりたいお肌の為のお手入れ方法も、自分で自由自在に選べます。

個人差、体質、それぞれにあります。

情報もたくさん取り込める世の中です。

だからこそ難しい。

でも片付けも、お肌のお手入れも、可能性も自由もワタクシたちにはあります。

そんな恵まれた環境をムダにしないように、この先もイイコト、イイモノいろいろ模索しながらガンガンいこうと思います。

角質培養していた頃の殺気立ってた自分を時々思い出し、ちょっとプププッな気分になりながら

人生前進あるのみです。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事